2018年10月14日日曜日

30年の変化様々

公式プログラム
左が1987年、右が2018年
鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが1987年に初開催された。ホンダとフジテレビの尽力が大きかった。ドライバーではアイルトンセナやゲルハルトベルガー、アランプロストらがしのぎを削っていた87から89年の3年間観戦した。チームでは、マクラーレン、フェラーリ、ロータス、ベネトンが競っていた。2007年と2008年の休止を挟んで30回目の記念大会を迎え、約30年ぶりに鈴鹿を訪れてみた。

予選。ドライバーもチームも様変わりした。当時強かったマクラーレンは昨年までのホンダ批判で、ルノーにエンジンを変えたがやっぱり遅い。チーム内紛もあって見るに見かねる低迷ぶりで2台揃って最下位。メルセデスはやることなすことに隙がなく、フロントグリッド独占。対抗のフェラーリはここ数戦凡ミスが目立つ。予選で素人目にもわかるドライ路面にインタータイヤで走らせ、ベッテルは8位スタートに。楽しみなのはレッドブルだ。ヴェルスタッペンは若く早い、そつなく3位グリッド。リカルドはQ2のエンジントラブルで15位スタートに。マシンを降りてヘルメットの中で叫んでいた。スペック3を投入したホンダエンジン搭載のトロロッソはなんと6、7位でQ3通過、2台揃っての10位以内は今季初、地元で気を吐いた。雨が振ったり止んだりの予選で、波乱が多くて楽しめた。

30年前に比べてスタンドが整備され歩行路も舗装されて歩きやすくなった。かつては雨になろうものなら泥跳ねで往生したものだ(笑)。チケットは1コーナーに取ったが、金曜フリープラクティスの合間に散歩する。西コースのヘアピンやスプーンまで歩くつもりだったが、・・・遠い!サーキットが広くなったように感じるが、自分の体力・脚力が落ちたのだ。結局東コース一周に切り替えた。屋台の数や種類も30年前とは大違いだ。苦痛にならない程度の行列で済む上に、フードコンテストまでやっている。スタンドで最も多いのは、青色のトロロッソホンダファン。活躍に大喜び。次に多いのは、赤色のフェラーリファンだ。なぜこんなに多いのだろう、勝てない阪神ファンに似た雰囲気がある。決勝前に往年のF1マシンがデモ走行。サウンドは古いマシンのほうが大排気量で高音で懐かしい。現在のF1マシンの排気音は静かだ、速度が高いので1コーナーに迫るときには風切音が驚くほど大きい。

決勝。1-2のメルセデス2台はそのまま独走するだろう。楽しみはフェラーリベッテルとレッドブルリカルドの追い上げ。それにトロロッソホンダ2台はポジション維持して入賞しきれるかどうか。かくしてクリーンなスタート。予想通りの展開に、久しぶりのレースを堪能した。撮影した写真をムービー仕立てに。

2018年9月9日日曜日

豆から尺アジまで

余ったので久しぶりに捌いてみた
2018年9月9日(日) 大潮
忠彦丸 第3和彦丸左舷ミヨシ1、2番(左10、右12)
7:30出港 11:00納竿 11:20帰港
晴れ 南南西の風8-10m
八景島沖 水深20-25m 波0.5m

マアジ 25匹 15-30cm

八景島の沖合い水深25mほどでいつものように実釣開始。潮が早い。しかも風向きとは逆にトモからミヨシに流れる。たまたま選んだミヨシ寄りでもコマセが効く。アジ釣り初挑戦のMさんにも程なくアタリがでる。しばらく様子を見ながら取り込みを介助していたが、30cmの良型も。1時間もかからず一通りできるようになったので問題なかろう。ジャックも開始。しばらく針がかりさせるのに戸惑ったが、その内ポツポツ。
まだまだ暑い八景島

予報では5-10mの風だったが、実際には10m以上になっているだろう。八景島沖はそれでも波が穏やかだが、結構揺れる。風が強まると見越したのだろう。船長は好調なポイントを見切って福浦岸壁近くへ移動して風を避ける。ここでは南蛮漬けサイズの豆アジがポツポツ。Mさんは都合5匹を釣り上げたが、サバの引きも味わい、楽しめた様子。釣った数の倍以上持ち帰ってもらう。釣らせる事ができて安堵。

ジャック 三咲ライトマスターIIー180 + シマノ幻風 PE1号
Mさん ソリッドハンター30ー180 + 幻風 PE1号
天秤30cm かなビシ40号 1.5ー2号 2m 2本針

2018年8月4日土曜日

睡眠にも体重にもストレスにも

久しぶりなので
撮影タイミングもずれる
2018年8月3日(金、休暇)釣行 小潮
忠彦丸 第3忠彦丸左舷トモ2番(左8人、右9人)
7:30出港 11:00納竿 11:15帰港
八景~横須賀沖 水深20ー26m 波0.5m
晴れ ほぼ無風

アジ 11匹 23ー28cm
ヒラソウダ リリース

八景島上空から出なくても良い
太陽が顔を出す。暑い。
このところ夜中に3、4回目が覚めて熟睡できない。熱帯夜が続くからなのか、運動不足なのか、寝ても仕事を考えるストレスか。そう言えば、通勤が往復座れるようになったからか、体重も82kgを越えそうな勢いだ。釣りに行けば、熟睡できるだろうし、体重も減るだろう。久しぶりだし真夏日が続くので疲れる釣りは避けたい。午前で終わって午後はのんびりが良い。かなり不純な動機で金沢八景へ半日ライトアジ。

思い起こせば10数年前
ここでのアジが釣りの始まりだった
風なく厚い。潮流れず渋い。八景沖で開始後1時間強、船中でアタリが出ない状況に船長は横須賀沖へ移動。ポツポツ乗り出した。ここでは潮がミヨシからトモに流れていて、本来トモよりのほうが有利なのだが、なぜかミヨシよりのほうがアタリが多い。ちょくちょくソウダが邪魔をする。マルソウダとは異なり旨いヒラソウダなのだが、持ち帰っても捌くのも喰うのも億劫なので次々リリース。アジはこの浅場にしてはサイズが良くふっくらしていて、まさに旬だ。2時間ほど引き味を楽しみ11匹。船中5-17で、釣り座の前後とも5匹釣果なのでかなり食い渋った午前にしては、なんとかタナを探れて満足な釣りになった。前のお客さんに6匹もらってもらい、5匹だけ持ち帰る。これでも多いぐらいだ。

帰宅した午後にはまず洗車、次に道具洗い、最後に自分を洗う。期待通りふくらはぎや尻が適度に痛む。1回トイレにおきただけでぐっすり眠れた。ストレス解消にはやはり釣が一番だ。

シマノ バイオインパクトマルイカ165 + シマノ幻風 PE1号
天秤30cm かなビシ40号 1.5号 2m 2本針

2018年6月16日土曜日

さらばブラックジャック

旧ナンバーを外す
東京オリンピックパラリンピック開催に向けて寄付をすることで、クルマのナンバープレートを図柄入りに交換することができる。手続きを調べていると、希望ナンバーの申告もできることがわかった。

A180のときの相模では、ジャックの11は希望ナンバーを無抽選で取得した。C43に乗り換えた品川では、11は毎週実施される抽選で当たるのを待たねばならず、無抽選ですぐ取得できるブラックジャック21にした。オリパラプレートへの交換は急ぐわけでもない。ならば本来の希望ナンバー11を当たるまで毎週抽選を待つことにした。

虹色図柄入りの新ナンバー
のんびり待ちモードでいると、不思議なものですぐに当たった。前回記した整備センター抽選が一発当選。この希望ナンバーも一発当選。神社仏閣を巡ってきたご利益か。・・・願い事は宝くじの当選なのだが、そちらは当たらない。あ、買ってない・・・。そういえば小額ながらTOTOも当たってたな。宝くじを買わなきゃ。

ナンバーの交付はいつもディーラーにやらせていたが、交換は自分でやってみることに。ナンバーは国土交通省の管轄で現住所では関東運輸極東京運輸支局が担当。実際の登録や交付業務は関東陸運振興センターという財団法人が請け負っている。親方日の丸の仕事はかつて上から目線で手続きの多くは初心者では一回で終わらないことも少なからずあった。現在ではサービス業意識が進んだらしく、態度も説明も丁寧になった。希望ナンバーの予約済み確認、新ナンバー登録、納税済み確認、車検証更新、新プレート交付、交換とビス封印、旧ナンバーの返却を、多数の書類を抱えて3つのビルを巡りながらも小1時間ほどで終えることができた。

写真では分かりにくいが、図柄は虹色が放射状に広がり派手だ。オリンピックとパラリンピックのマークが右上に1枚ずつ入れられ、前後分計2枚が交付される。やっぱり21より11、ブラックジャックよりジャックのほうがしっくりくる。寄付金?1000円である。ちなみプレート作成や登録手数料などに7000円ほどかかる。オリパラを利用した国の商売の一つだ。