2019年10月6日日曜日

弾丸青物のち墓参りそして焼肉

育丸Webから。砲弾形。
2019年10月5日(土)釣行 小潮
育丸 左舷トモ2番(左4、右3)
6:30出港 12:40納竿 13:40帰港
相模湾葉山沖 タナ20-40m
晴れ 北東後南西の風 2-3m 波0.5m

カツオ 3匹 3kg

朝焼けが綺麗で
今期相模湾では10月に入ってもまだキハダやカツオが回遊している。月例仕立てでは、乗員投票の結果、アジ泳がせのワラサを抑えてキハダ・カツオを狙うことに。同じ青物でも、ワラサよりもパワフルなカツオはやりとりなしで力尽くで巻き上げる。カツオに主導権を渡すと船中大マツリになってしまう。朝からカツオの喰いよく、ヒットと同時にゴリ巻きする。それでもシングルならともかく、船中ダブル、トリプルでヒットするから、あちこちでマツリながら取り込むことになる。見知らぬ人との乗合ではないので気楽だ。
富士もくっきり

丸々太ったカツオなので1匹で充分。2013年以来キハダを釣っていないので、以降キハダに的を絞る。その仕掛けにもカツオが喰ってくる。結局キハダのヒットなし。カツオは3匹でクーラー一杯に。船中では数回キハダのヒットがあり、目測35kg超をNさんが釣り上げた。ノソノソと走っていたが、水面が近づくと猛ダッシュする。船長がタモ入れするので、たぐり寄せを担う。久し振りにキハダの重量を手に感じながらネットインした。同じ青物でもやはり別格だ。

キハダは来期かな
釣りの後、次男Kと孫娘たちと墓参り。タイかアジを渡してやるつもりでそうアレンジしたのだが、カツオでは捌くのが手に負えないらしい。墓掃除も花入れも3人で手際よくできるようになった。ジャックは線香を焚いて、アプリで般若心経を流すだけだ。読経も皆旨くなった。そういえば故人も生前カツオにも一度釣りに行ったことを思い出す。なにやら示し合わせたように孫娘たちは肉を食いたがる。Kの入れ知恵だろう。焼き肉店に連れていき好きな物を好きなだけ食べさせる。パクパク食べながら屈託のない笑顔をみて、苦しくとも健やかに暮らしている様子がみてとれて安堵する。Kは珍しく母親の思い出話をする。天井からカツオやチキンバジルを頬張り見守っているだろう。長い一日になった。カツオを居酒屋Tに届ける。土曜はいつも満席だ。肉で満腹でカツオが喰えない。空く日曜に舌鼓しよう。

シマノBJSアオモノM200改 + シマノオシアジガー5000 PE8号
天秤マグロスペシャル カツオ16号2.5m キハダ24号4.5m

2019年9月17日火曜日

新たな船出に

まず刺身と
2019年9月15日(日)釣行 大潮
弁天屋 LT午前アジ 左舷ミヨシ3番(左12、右12)
出港7:15 納竿10:50 帰港11:15
八景沖ー中ノ瀬 水深18-28m 波1m
晴れ 北の風3-5m

マアジ 14匹 20-30cm

ナメロウ
同僚が一人転職するので、魚を釣ってきて欲しい。という依頼を受けた。文脈がかなり飛んでいるので、つなげるとこうなる。転職 → 送別会 → 釣魚持ち込み可能な居酒屋で → ふるまう魚を釣ってこい。こういうのは歓迎だ。なんとかしようという気になる。キハダかカツオかマダイかヒラメかタチウオかと問う。返答はアジのナメロウとフライ。たかがアジでいいの?って感じだが、されどアジ、釣れないときは釣れない。6人分となると少なくとも1ダース必要、できれば18匹欲しいところだ。

両舷満席で大盛況
せめて型の良い物を、と走水港のビシアジ船宿をチェック。いつの間にか予約乗合に変っている。しかも関義丸も早川丸もこの日は満席打ち止め・・・。困っているところに幹事から、宴会プランの参照記事。八景の半日LTアジを川崎の居酒屋Tに持ち込み、とある。それで良いならと、久し振りの弁天屋。6時半に着けば良い物を6時前に着いてしまった。だが、船はすでに7割埋まっており、15分もしないうちに満席打ち止め。遅いと乗れないところだった。東京湾のアジが旬になるこの時期、しかも三連休の中日ともなると大盛況だ。

コロコロ金アジ♪
潮は右舷へ流れる状況で左舷は不利だ。舳先まで並べる超満船なので船中あちこちでオマツリ頻発。左右とタイミングを外して、ちょい投げ気味に投入して、オマツリ回避。それでもオマツリバラシはしょうがない。18mダチではパタパタと釣れる。20cmほどの小型アジばかりとタカをくくっていると、30cmオーバーも釣れてびっくり。28mダチではアタリは遠いのだが、ポツンと釣れるのは25cm前後の良型。目標18には届かなかったが型が良かったのでよしとする。

居酒屋Tでは、刺身、ナメロウ、アジフライにしてくれた。若くして転職を決めたNさんを年寄り3人と若手2人で祝う。これまでとこれからの会社や仕事、失敗談に成功談、旅行や趣味、家族や男と女・・・。あれやこれやと話題が尽きず、気づいたら4時間以上も飲んでいた。旨く楽しい歓送会にできたろう。新たな船出に乾杯。

ソリッドハンター30-180 + シマノ幻風 PE1号
カナビシ40号 1.5号2本針

2019年9月1日日曜日

プルプルで釣ったプルプルを食す

夏ビラメの縁側 すっきり
2019年9月1日(日)釣行 中潮
三浦丸 左舷ミヨシ(左2、右3)
5:00出港 11:30納竿 12:00帰港
利根川河口沖 水深10-25m
晴れ 西後北の風2-5m 波0.5m

ヒラメ 7匹 0.3-1.0kg
ワカシ 2匹 35cm

小型だが料理人は上手く捌く
プルプルとイワシが逃げ回る様子が竿先と手に伝わる。グニグニとヒラメがイワシにかぶりつく。まだだ。ググーッとヒラメがイワシを咥え直して引き込むの待って大きくアワセる。ズッシリとした手応えを楽しみながら巻き上げる。船長のタモから船内に取り込まれてジタバタするヒラメを眺めながらニンマリする。ヒラメ釣りの醍醐味だ。

久し振りにマダイ用フニャ竿
それを味わいたくて外川まで出掛けた。晴天で良い凪。狙いどおり都合7匹のヒラメたちと戯れることができた。3匹ほどには駆け引き途中や巻き上げ中に逃げられた。型が小さかったのが残念。船中6-10で2kgクラスも釣れていた。大型は高めのタナなのだが、久し振りで高ダナでこらえきれなかった。竿頭に仕掛けのヒントを教わったので次回試してみよう。

捌くのが面倒なので、ワカシも含めて全て居酒屋Tに贈呈。タックルとボディを洗ってスッキリ。さて、料理人によるプルプルのヒラメで呑もう。

シマノBJSミヨシ40-255+B + シマノ1000SP PE2号
錘80号発光 枝ス80cm-1m 捨糸50-65cm

2019年8月19日月曜日

夏ガツオ ゴリ巻き堪能 酒旨し

育丸Webから
丸々としたカツオ
2019年8月19日(月)釣行 中潮
育丸 右舷胴間(右3、左3)
5:30出港 12:15納竿 13:30帰港
相模湾 タナ 25-35m
晴れ 北東の風2-5m 波0.5m

カツオ 2匹 2-3kg

仕立てメンバーが今月2回目の特別釣行を計画。仕事の都合が付いたので急遽参戦した。前半は相模湾を西へ西へとクルージング。湾の中央に来たところで開始。早速ヒットしたが海面でバラしてしまった。以降探索して船団が集合離散を繰り返す。

手巻きでゴリゴリ
後半になって船団が大きくなり、カツオの動きの前へ前へと各船が回り込む状況に。船長は若いが、慎重に間合いや投入タイミングを図っている。的中して右舷でトリプルヒットも。丸々と太ったカツオを手にできた。終盤にも追釣。キメジを狙って深めのタナにセットしたのだが、さらに肥えたカツオだった。

久し振りにカツオの乱暴な引きとそれをねじ伏せるゴリ巻きを堪能。船中0-3。なぜか左舷は釣れず、右舷にヒットが集中した。Kさんに1匹贈呈して、もう1匹を馴染み店Mへの持ち込みを依頼。一旦帰宅、タックルも身体も洗ってすっきり。さて、カツオを肴に呑もう。

シマノ アオモノM200改 + シマノオシアジガー5000 PE8号
天秤50cm プラビシ100号 16号2m1本針