2017年12月10日日曜日

イシダイは観賞用に飼育できるのでは?

育丸WEBから
2017年12月9日(土)釣行 小潮
育丸 右舷胴間(右3、左4)
出港7:00 納竿13:30 帰港13:45
剣崎沖 水深50-30m
晴れ 北東の風4-2m 波1-0.5m

イシダイ 13匹 10-30cm
マアジ 2匹 23-40cm
ウマヅラ 2匹 25-35cm
カワハギ 1匹 20cm

剣崎高台から東京湾と房総半島を
月例仕立てに参加。久しぶりの釣行だ。調べてみると8月19日以来焼く4ヶ月ぶり。その間ツーリングばかりしていた。タックルやクーラーボックスは、後部座席を倒すまでもなく、トランクはすっぽりトランクに収まった。クーペのトランクは開口部が広くないが、奥行きがハッチバックよりもかなり広い。

贈呈の釣果
狙いはイシダイ。釣りは年々変化・進化するものだが、最近のイシダイ釣りも繊細さを増しているらしい。船長の朝談によると、竿先が敏感なもので、ラインは2号に、クッションも短くして、誘いあげ中の微妙なアタリを捉えて引っ掛ける、というものだ。マルイカやカワハギ釣りに似てきた。

塩焼き・煮つけサイズは
再会を期して全てリリース
心配した風も弱く、快晴で視野が良い。剣崎沖からは富士も伊豆半島も大島もくっきり見える。潮も透き通っている。イシダイ釣りには良いコンディションだ。波もないのでアタリも取りやすい。中深場用の竿で硬いがメタルトップがアタリやモタレを察知する。掛け損ないもあるが、ぴったり掛けれた時の手応えが気持ちいい。食すには25cmを越して縞模様も薄くなったサイズが脂ののった刺身で旨い。誘って繊細なアタリを掛ける小型は釣って楽しい。10cm未満のベイビーは良く察知できたとゴチながらリリースする。

船中皆好調。特に潮下になるミヨシ二人は型も数も絶好調。トモでも釣れていたが、いくら釣れてももっと欲しいというMさんにお持ち帰り魚を引き取ってもらう。イシダイは小型でも生命力が高いので、オケでエンジェルフィッシュよろしく鑑賞していたが、港前でまとめてリリース。また大きくなって再会したい。いい日並になってゲストも多彩で飽くことなく一日過ごす。やっぱり釣りもいい。

ダイワ 中深場H205 + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤50cm プラビシ100号 クッション外す 4号3.5-4.5m 2-3本針 

2017年12月3日日曜日

芦ノ湖の雲海

山伏峠から雲海の芦ノ湖を
早くも12月になってしまった2日(土)、芦ノ湖スカイラインへ。箱根・芦ノ湖へは何度も行ったが、この有料道路を走るのは初めてだ。混みあう前というよりオープン直後の7時過ぎに乗り込んだ。山伏峠、杓子峠、三国峠と随所に駐車スペースがあってどこも眺望が良い。天気は良いが、雲海が芦ノ湖を覆っている。幻想的だ。富士も頭は出しているが足元は雲で覆われていた。

よーくみると、左に水中鳥居、
右に九頭竜本宮
地図を眺めていて九頭竜神社に新宮以外に本宮があることを知る。立ち寄ろうとするのだが、クルマで近づけない。箱根園に入って日帰り温泉駐車場に停めてプリンスホテル周辺を行き道を探してうろうろ。モーターボートで行けることは発見したが今更乗る気になれず。意地になって30分近く歩いてたどり着く。大して見所のある建物ではなく、道中の紅葉もほとんど散っているし、なにより朱印状は新宮にしかないことが判明。歩きくたびれただけだったが、健康にはよい。
深さは10m近い

気を取り直して、山中城址へ。国道1号を三島へ下っていく途中にあるのが以前から気になっていた。想像以上に広くて見応えがあった。石垣を一切使わず、山谷を利用しながら堀と土塁だけで構築した山城だ。急峻な堀を畝(うね)で区切ってあるのが特徴的で、他の城址では見たことがない。空堀だ深くて滑りやすいため落ちると這い上がれなかったと類推されるらしい。北条が小田原を守る出城だが、秀吉が大軍で小田原へ向かう途中半日で落としたらしい。激戦だったらしく、三の丸跡の寺には、北条・豊臣両軍の戦没者慰霊碑が並びたっていた。
山菜そばで遅い朝食 この後爆走
写真は休憩がてら立ち寄るスポットのものだが、目的はドライブそのものだ。国道1号を芦ノ湖まで戻る登り道。スポーツプラスモードを試してみる。メルセデスには、エンジン回転数、変則タイミング、サスペンション強弱、ステアリング軽重などの設定モードがある。A180には、エコ、コンフォート、スポーツの3つのモードが備わっていたが、C43にはさらにスポーツプラスがある。スポーツと何が違うのだろうと疑問だったのだが、使えば一目瞭然。エンジンを高回転域で保持して出力を最大限で使えるうえにサスもステアも一段とがっしりするので、ガンガン走れる。少々混む1号線上りだったが、2車線をフル活用して抜き去りながら一気に駆け上る。エキゾースト音も一段と高まり気分爽快だ。これはヤバイ。
周囲にバンガロー

御殿場と大井松田間の東名や国道246号は矢倉岳の北側を迂回しているが、これまで通ったことがない足柄街道を抜けてみる。対向車をかわすにも苦労するほど道幅が狭くてブライドなので安心して楽しめない区間が相当ある。立ち寄った夕日の滝は想像以上に高さがあった。酒水の滝と併せて山深い足柄の立ち寄りポイントだ。

渋滞が始まる前に大井松田から東名・首都高を抜ける。いいドライブになった。休憩ポイントの眺望はGoogle Photoの自動生成ムービーが物語っている。

2017年11月26日日曜日

紅葉の季節

筑波山神社
エンジン・モーターと
駆動系はF1の流用
気付けばもう11月も終わってしまう。
リクエストがなくなるにつれて釣行回数も減って、その分週末はドライブばかりしていた。

11月4日(土)
墓参りのあとで東京モーターショーに行ってみた。気分転換になるだろうと次男Kも連れていく。欧米に次いで中国での開催に人気を奪われている東京らしいが、混雑していた。各メーカのコンセプトカーを中心に素早く巡ってみたが、どこもEVシフトと自動運転技術で似たようなものだ。展示物で最もひきつけられたのは、メルセデスだった。
フランクフルトで発表されたプロジェクト1はF1マシンを公道で走れるようにするもの。4年連続コンストラクターズ優勝を果たしたF1と並べての展示は迫力満点。億を超えるこのスーパーカーは生産予定数がすでに予約で埋まっているらしい。電気自動車が完全自動運転する公道で、自分で走る愉しみを提供しながら古典的なエキゾーストを奏でるクルマも散見される時代が、しばらく共存するのだろう。ショーは初めてで楽しかったという次男Kに月島もんじゃを喰わせて送り届ける。

11月12日(日)
クルマの向こうが山中湖
その奥に隠れた富士
朝からの快晴で部屋から富士がくっきりみえた。それに誘われてドライブ。東名からも大きく見えていた富士は、大井松田ICからの山道を楽しんで山中湖に着いた頃には、雲隠れしてしまった。帰りは道志みちから中央道へ。この頃になるとクルマもバイクも多くなって、退屈なドライブになる。

11月18日(日)
上野東照宮の彫刻
土曜は雨で動けず。日曜になって上がったので、怖い絵展を覗いてみようと上野に出かける。オープン直後を狙ったが160分待ちの行列にあっさり断念。五條神社や上野東照宮を散策。東照宮は家康が藤堂高虎と天海僧侶に三人一緒に鎮魂できるところをと遺言したらしい。日光や久能山も豪華だが上野の東照宮も劣らず豪華絢爛だ。塀や門の彫刻も金箔が施された本殿も見応えがあった。

11月25日(土)
筑波山へ。男体山と女体山からなる筑波山は古くから信仰の対象になっていたらしい。ふもとにある筑波山神社は想像していたよりも広く大きく古い神社で驚いた。目的は山の周辺のワインディング道を流すことだった。場所によっては速度抑制のための凸凹が設置されていて興ざめだったが、茨城も千葉同様に県道に信号が少なく快適なドライブができる。

早すぎて女体山のロープウェイは始発前だったので、男体山のケーブルカーに回った。急峻なケーブルカーは良く作ったなと感心させられる。山頂駅から山頂まで300mを歩いたのだが、これが結構急で息が上がる。山頂からは360度富士から霞ヶ浦まで絶景が見渡せるので登って失望することがなかったのが幸い。



2017年10月15日日曜日

斜めに走る

重いGTRを軽くしてある
10月に入っても雨が多い。もう秋雨前線が居座る季節になった。7-9日の三連休も雨模様だった。D1グランプリに初めて行ってみた。天候が心配されたが、開門の11時頃には雨も上がり、終了の19時まで準備したカッパを使わずにすんだ。2001年から開催しているらしいが、フォーミュラやGT3に比べて、D1はマイナーなレースだ。やっぱりクルマはFRでドリフトでしょというクルマ好きが存分に楽しむための手作り感が漂う。


コース内をドリフトする角度や速度を競う単独走行で予選順位を決め、決勝は2台で交互に先行車と同じ角度・速度でぴったり横並びして走行させられるか、を競う。年間7戦を東京、筑波、大阪等で開催してシリーズチャンピオンを決める。


まだあったのってクルマも
クイーンもフランクなのが良い
第7戦東京大会は常設サーキットを使わずにお台場の特別会場。普段は大駐車場として使われている場所にコースを設定し周囲を仮設スタンド観客席で囲む。日産GTRやらトヨタ86の最新車から昔懐かしいシルビアやらローレル等の往年車、さらにはコルベット等外車が終結。いづれもパワースライドさせやすいように改造している。主なスポンサーはトーヨータイヤやダンロップ等タイヤメーカー。グランプリの性格上タイヤをどんどん消費してくれるのだからさもありなん。

特設会場はフジテレビのすぐ近く
レースは予選からダントツの速さと滑りをみせたコルベットが、決勝走行中に故障してシルビアの逆転優勝。シリーズは年間ポイントを稼いでいた180SXが決勝を待たずにチャンプに決まった。前から3列目の指定席では、タイヤカスを被るほどコースから近い。ドリフトのさせきれず一直線にコースブロックにクラッシュするシーンも目の前。メジャーレースでは感じられない近さが、このレースの良さだ。簡易パドックでもクルマはいつでも間近で撮影できるし、ドライバーやオーナー、レースクイーンらが気楽に応じている。

見ていて思い出した。10代の頃、埋め立て後ま新しい神戸ポートアイランドでゼロヨンに興じたり、わざわざ高価なLSDに換装してドリフトしたり、クルマを回したりして、遊んだことを。そういえばドライバーも40代が少なくない。当時の遊びをそのまま仕事にしたのだろう、たいしたものだ。