2018年11月18日日曜日

体力消耗、今夜は昏睡

2018年11月18日(日)釣行 小潮
はら丸6時船 右舷トモ1番(右2、左2)
6:00出港 13:00納竿 14:15帰港
洲崎沖 水深160-240m 波2-1m
曇り時々晴れ 北東の風12-8m

ヤリイカ 6匹 胴長20-30cm

ヤリイカを釣りたいのだが、今期の相模湾は、初島や真鶴は波があり、城ヶ島、洲崎、沖ノ瀬は苦戦している。まあ、数釣っても処分に困るので、釣りそのものを楽しみに出かけた。釣り人も少なく、仲のりさん含めて4人。


朝のうちの強風は9時には収まる予想だったが、結局納竿まで吹き済んだ。波も2mほどもあるので、掛けても取り込むのは簡単ではない。サバ、スミのみ、吸盤のみを繰り返して、ようやく多点掛けの感触を得たかと思うと、オマツリしてオジャン。そんなこんなを繰り返して結局6匹だった。

船中5-6と大苦戦だが、釣りそのものは楽しかった。仕掛け2組、錘2個のロスト。

ダイワ 極鋭ヤリイカAGS167 + シマノフォースマスター2000
11cmブランコ7本11本張り、11cmブランコ7本

2018年11月9日金曜日

AMG三昧

最新AMG勢揃い
時間が前後するが記録しておきたい。AMG Driving Academyに参加してきた。

  • 日時:2018年10月31日
  • 場所:富士スピードウェイ

現役レーサーも勢揃い
丸一日のBasicと二日に渡るAdvancedの2つのコースがあるが前者に参加。前者は20人を2グループに。前日から始めた後者は10人だが、3人リタイヤしたという。それもそのはず、朝から晩まで走りっ放しで、生半可な人はGに耐えられなくなった様子。

まず驚いたのはインストラクター。Super GTでAMGを駆る現役ドライバーの高木、片岡、黒澤各選手が勢揃い。自グループには片岡選手が一日指導してくれた。次に驚いたのが準備されたクルマの豪華さ。AMGの全ラインアップが揃えられていた。しかも全て新車だ。プログラム別に乗り込んだ車種を記録しておこう。
  1. Drift:E63
  2. Break & Lane Change:C63、C43
  3. Drag Race & Stop Box:E53、CLS53
  4. Timed Slalom:A45
  5. Taxi Ride:E63
  6. Lead & Follow:GT C、GT S、E53 (AdvancedではGT Rにも)
1ではパイロンコースに水を巻いてE63の4MATICとDriftモード、EPSの有無の組み合わせ4種の違いを体感する。30km/hでもEPS無しではあっさりスピンする。かつて楽しんだカウンターステアが今では遅れるのも痛感。E63を存分に滑らせたりスピンしたりするのは滅多に体験できないなので、早くもテンションMax。




2はフルブレーキングしながらパイロンレーンを左右に避ける。80km/h〜100km/hで底が抜ける程ブレーキを蹴る。ABSが機能して右左にステアリングしても車体は安定して追随する。ブレーキング中はハンドル切るなと言われたのは今や昔。これは難しくない。




3はチキンレース。ゼロヨンよろしく2台並んでスタートダッシュし、岸壁代わりのパイロン4方内に先に止める。楽しい。スタートはいつも良い。問題はブレーキング。制動距離把握のため1回目はオーバーして負ける(チキンレースなら岸壁から落ちている)。フルブレーキングでピタリと止めるのは難しいが調整して2戦目以降は勝てる。




4はジムカーナだ。スラロームとS字とストップボックスの組合せでタイムトライアル。ラインどりが難しい。出口がタイトなコーナーへの侵入に、突っ込み過ぎでかつクリップも浅い傾向があることがわかった。早目にフルブレーキング、スローインファストアウトが鉄則だ。





これで富士スピードウェイを走る
以上はサブコースや駐車場で乗り回すのだが、圧巻は本コースを使った5と6だ。黒澤選手の駆るE63に同乗して本コースを一周。「前半流して、後半楽しむ」とは本人の弁だが、要はグリップさせてかドリフトかの違いであって、絶対速度は初めから速い。驚いたのはブレーキングの強烈さ。各コーナー侵入でまさに2のフルブレーキングで(ギュって言うより)ガンって感じで減速する。公道での浅いソフトなブレーキングなどサーキットではあり得ない。最新のAMGシートはGのかかるサイドがホールド力を高めるのだが、その有効性も体感。




片岡選手ありがとう
クライマックスは6の隊列走行。片岡選手が先導してGT5台が縦列走行で5周。GTの後はE63でも5周して計10周。最終コーナー立ち上がりで、1番手が右に避けて減速して5番手に。5人全員が各車で先導車の真後ろを1周は走る。片岡選手について走ってライン取りの違いがよくわかった。富士の3セクターは出口がタイトになるコーナーの連続。進入速度を落としてクリッピング点を深くとり、出口速度を上げる。初めはなぜこんなにアウトで、しかも早くブレーキングをするのかと思ったが、出口で置いて行かれて実感。周回を重ねるにつれて体得できた。


E53とCLS53を惜しげなく
隊列が揃っていれば先導者は速度を上げる。誰かが遅れるとペースを落とす。最高速度は200㎞/h程度と事前に言われていたが、グループに恵まれた。徐々にペースアップ。1.5kmのストレートを全開で走る。爽快。250㎞/h超。ブレーキングして100㎞/h超で第1コーナーに侵入、全開で第2コーナーへ。それでもフルブレーキングしていたわけではないので、ポテンシャルはまだまだ高い。


初めての富士スピードウェイを初めてのGTやE63で堪能。丸一日走りまくった。安くはないアカデミーだが相応の価値はあった。低速道路な東名で帰宅。体はそれなりに疲れていたのだろう、朝まで一度も目覚めることなく熟睡した。

2018年11月4日日曜日

週末の松輪港は大賑わい

育丸Webから
良型ににんまり
2018年11月3日(土) 若潮
育丸 右舷トモ2番(右4、左4)
6:30出港 13:20納竿 13:45帰港
剣崎沖 水深70-80m 波1m
曇り時々晴れ 北東の風2-3m

イナダ 4匹 45-55cm
アマダイ 3匹 25-40cm
サバ、トラギス等リリース

育丸Webから
イナダのダブルでご満悦
久しぶりに月例仕立てに参加。当初予定のワラサ。駐車場は大きなクーラーボックスを下ろす車で満杯。だがワラサは剣崎沖では下火になったので、朝イナダを土産にした上でアマダイを狙う。正解だろう。イナダは一荷もあって3投で4匹。30分だがもう充分。2匹Mさんに、1匹Wさんに贈呈。1匹次男Kへ。

アマダイは久しぶりだ。浅い相模湾でのライトアマダイとは異なり剣崎沖は80mと深い。アタリが取れるか不安だったが、2号PEにメタルトップの組合せで小さいものも難なく取れた。40cmも混じって満足。

納竿直前に釣れたサバと併せて次男Kへ。16時に引渡しても17時に帰宅できた。ヒラメやイカが釣りたくなってきた・・・

ダイワ 中深場73-205 + シマノ1000SP PE2号
イナダ 天秤50cm 100号プラビシ 50cmクッション 5号3.5m2本針
アマダイ 天秤40cm 80号錘 3号2.2m2本針


2018年10月14日日曜日

30年の変化様々

公式プログラム
左が1987年、右が2018年
鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが1987年に初開催された。ホンダとフジテレビの尽力が大きかった。ドライバーではアイルトンセナやゲルハルトベルガー、アランプロストらがしのぎを削っていた87から89年の3年間観戦した。チームでは、マクラーレン、フェラーリ、ロータス、ベネトンが競っていた。2007年と2008年の休止を挟んで30回目の記念大会を迎え、約30年ぶりに鈴鹿を訪れてみた。

予選。ドライバーもチームも様変わりした。当時強かったマクラーレンは昨年までのホンダ批判で、ルノーにエンジンを変えたがやっぱり遅い。チーム内紛もあって見るに見かねる低迷ぶりで2台揃って最下位。メルセデスはやることなすことに隙がなく、フロントグリッド独占。対抗のフェラーリはここ数戦凡ミスが目立つ。予選で素人目にもわかるドライ路面にインタータイヤで走らせ、ベッテルは8位スタートに。楽しみなのはレッドブルだ。ヴェルスタッペンは若く早い、そつなく3位グリッド。リカルドはQ2のエンジントラブルで15位スタートに。マシンを降りてヘルメットの中で叫んでいた。スペック3を投入したホンダエンジン搭載のトロロッソはなんと6、7位でQ3通過、2台揃っての10位以内は今季初、地元で気を吐いた。雨が振ったり止んだりの予選で、波乱が多くて楽しめた。

30年前に比べてスタンドが整備され歩行路も舗装されて歩きやすくなった。かつては雨になろうものなら泥跳ねで往生したものだ(笑)。チケットは1コーナーに取ったが、金曜フリープラクティスの合間に散歩する。西コースのヘアピンやスプーンまで歩くつもりだったが、・・・遠い!サーキットが広くなったように感じるが、自分の体力・脚力が落ちたのだ。結局東コース一周に切り替えた。屋台の数や種類も30年前とは大違いだ。苦痛にならない程度の行列で済む上に、フードコンテストまでやっている。スタンドで最も多いのは、青色のトロロッソホンダファン。活躍に大喜び。次に多いのは、赤色のフェラーリファンだ。なぜこんなに多いのだろう、勝てない阪神ファンに似た雰囲気がある。決勝前に往年のF1マシンがデモ走行。サウンドは古いマシンのほうが大排気量で高音で懐かしい。現在のF1マシンの排気音は静かだ、速度が高いので1コーナーに迫るときには風切音が驚くほど大きい。

決勝。1-2のメルセデス2台はそのまま独走するだろう。楽しみはフェラーリベッテルとレッドブルリカルドの追い上げ。それにトロロッソホンダ2台はポジション維持して入賞しきれるかどうか。かくしてクリーンなスタート。予想通りの展開に、久しぶりのレースを堪能した。撮影した写真をムービー仕立てに。