2019年5月19日日曜日

一発を逃がすな

育丸Webから
ガツンと3.8kg
2019年5月18日(土)釣行 大潮
育丸 右舷ミヨシ(右2、左3)
5:30出港 10:30納竿 11:00帰港
剣崎沖 水深35-45m
晴れ 東の風1-3m

マダイ 1匹 3.8kg
マアジ 12匹 25-35cm

3月10日以来2ヶ月ぶりの釣行。月例仕立てへの参加はまだ平成だった昨年11月3日以来半年ぶりだ。船長も女将もいつもと変わらぬ笑顔で迎えてくれる。

育丸三親子は年上から順に古い船を操る
狙いはマダイとマアジの二本立て。今期のマダイは好調だ。連日数も型も揃う写真が船宿Webに掲載されている。もう乗っ込みも終わる時期だが、間口港と江奈港の前海には数十艘が待機。定刻5:30きっかりにポイントに向けて疾走する様はいつ見ても壮観だ。親子三代の一番若い船長が新造船は速い。いち早く位置決めと同時に投入。

早々に3人に1Kg前後のマダイが釣れ上がった。ジャックにはアタリがない、久し振りだと、エサ、仕掛け、誘い、タナなど何がずれているのかわからない。試行錯誤の7時過ぎに初ヒット。小さなアタリだったが、竿を手にした途端、強く引き込んでドラグが鳴る。型が良さそうだ。10mほども引き出されたが、止まった瞬間に大きく2度ほどアワセを入れる。これでガッツリ針がかりしているだろう。備えた4号ハリスだが、竿のしなりとドラグを使って慎重にやりとり。タモ取りしてもらったのは、後検量3.8kg。黒ずんだ乗っ込みの、多分オスだろう。マダイは後にも先にもこのアタリだけだったが、それを逃がさなかったのが嬉しい。

直径40cmの桶から
20cmほどはみ出る良型
8時半にマアジに移動。タナ指示50mだが、アジは底から2-3mだろうと60mで待つ。船中で釣れ上がるのので、すぐに50mに修正するとヒット。ここのアジは中層を遊泳しているらしい。船長の言うことは素直に聞くべし。30cm前後の良型が入れ食い状態。海面バラしも多くて狙ってもダブルは1度しか成功しなかった。それでもすぐにツ抜けたので血抜き。皆クーラーいっぱいになり、10時半には納竿、早上がり。この仕立てで早上がりは初めてで船宿もびっくり。最後まで粘るポリシーのMさんが欠席なので成立。

帰りの渋滞もなく、13時過ぎには近所に見つけた居酒屋Tに魚を持ち込む。タックル掃除の風呂を終えても時間に余裕がある。早上がりは良いことづくめだ。一眠りしてからTへ。お任せにした調理は、マダイを刺身、塩焼きと吸い物、マアジを刺身、ナメロウと南蛮漬けにして出してくれた。吸い物は白子入りなので、やはりオスだった。「あのサイズを裁くのは久し振りでした。」と店長も楽しそうだ。GWに熱海まで行ったが船中小型1枚だったとか。天気に恵まれて日焼けし、うまい魚と酒に良い具合に酔って、熟睡。やっぱり釣りは幸せだ。

マダイ
シマノBJSミヨシ40-255+B + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤70cm クッション1m プラビシL100号
6号6m+4号4mテーパー 1本針

マアジ
ダイワ中深場73-H205 + シマノ1000SP PE2号
天秤70cm クッション50cm カナビシ130号
2号2m2本針

2019年4月30日火曜日

平成最後の名城と桜名所

石川島の桜並木
目黒川の桜並木
元号が令和に代わることになり、世間では「平成最後の・・・」が盛りだくさんだ。4月はほぼ毎週あちこちの城や桜名所を巡ってみた。思えばこれらも平成最後の桜ということになる。印象的なカットをまとめておく。

高輪の桜
石川島 3月30日
重工業発祥の地としても名高い石川島。周囲を桜が取り囲み毎年楽しませてくれる。海面に向かって下へ伸びる枝が美しい。

竹林院の桜
目黑川 4月1日
吉野山の桜千本
都内有数の桜名所。目黒川沿い両側に延々と並ぶ桜を眺めながらそぞろ歩く。ライトアップされた夜桜が美しい。

グランドプリンスホテル高輪 4月2日
吉野山の雨上がり
大和郡山城趾の桜
敷地内の日本庭園に桜が並ぶ。ライトアップの色鮮やかさが美しい。

吉野山 4月7日
桜三大名所の一つ。下千本、中千本、上千本、奥千本と何本あるねん状態。山の広範囲に広がる様が美しい。雨上がりに山が煙りたつ様も壮観。宿坊竹林院にある日本庭園の桜はライトアップされた桜が池の水面に映し出されて圧巻。吉水神社は必見。一目千本の眺めも良いが、源義経と静御前の逃亡、後醍醐天皇の南朝樹立、豊臣秀吉の花見など、時代を超えて宿した場所に踏み入れる。
河口湖の桜
佐保川の桜並木

大和郡山城趾と佐保川 4月8日
豊臣秀吉の弟秀長が整備した城。大阪城ほどではないにしろ、石垣の高さや堀の幅が荘厳で、天守台から見おろす桜並木が美しい。近くを流れる佐保川には、総延長5kmにも及ぶ桜並木がある。目黒川を凌ぐその規模と古都奈良ならでは静けさが美しい。

高遠城趾の桜
河口湖 4月13日
河口湖畔から富士を背景にした桜のカットを撮りに行った。標高があるからか、まだ5分咲きだった。忍野八海と新名庄川の桜はまだ開花していなかった。

高遠城趾を埋め尽くす桜
高遠城趾 4月19日
桜三大名所の一つ。武田信玄の軍師山本勘助が整備した城。もともと武田軍は城よりも人や戦術で強かったので、勝頼の代になると信長の大軍に一日と持たない。明治になって植えられた桜の密度が濃くて圧巻。広さの吉野山、濃さの高遠、というところ

上田城趾の桜
上田城 4月27日
真田の城。二度に渡って徳川軍を退けた昌幸渾身の造り。特に二次上田合戦で、秀忠軍3万8千を足止めさせて、関ヶ原に遅参させたのは有名。桜は散り始めていたが、昌幸、伸幸、幸村親子に思いを馳せながら散策。

桜の三大名所の二つはさすがに壮観だった。残る一つ、弘前城趾は令和の楽しみにしておこう。

2019年3月10日日曜日

まったりヤリイカ

しばらく並べると赤みが戻る
2019年3月9日(土)釣行 中潮
三浦丸 左舷ミヨシ2番(左5,右4)
4:20出港 11:20納竿 12:45帰港
銚子沖 水深80-90m
晴れ 西の風3-4m 波0.5m

ヤリイカ 57匹 胴長 35-45cm

この日関東は雨風収まり快晴予報。釣り日和だ。好調と聞いて久し振りにヤリイカ釣りをしたくなった。相模湾は好不調の波がありそうなので、安定している外房へ。久し振りに戸川港まで足を伸ばして三浦丸に割り込んだ。朝が早いというより夜中出発なので、前夜は19時就寝。

1時間ほどの沖合で日の出前から釣り開始。薄暗いからか隣ミヨシ氏の使う大きな発光色のスッテによく乗る。全長40-50cmほどの大型ばかりだ。凪なので直結で始めたが、久し振りの取り込みでばらして空揚げ。船長がサバもいないしブランコでいいよとアナウンスするが無視。終日直結で通す。

朝のうち4点掛けもあったが、徐々にダブル、シングルになる。群れも大きくて同じポイントを回遊しているのだろう。相模湾のように探索、投入、すぐ回収、また探索という慌ただしさがない。大流しでも投入のたびに乗ってくる。水深は浅いが足切れやばらしもかなりある。だが、ノリノリなので悔しさがまるでない。ポイントから外れればまた流し直す。相模湾の一瞬たりとも気を抜けない緊張感というか殺気が、ここでは無縁なのが良い。

40cmの桶で
実にのんびりした釣りで、快晴・凪の中で気持ちよい。8時には大型ばかり30匹に。もう持ち帰れない。だが釣りは続けたい。すぐ背後にイケスが開けられており、船長が釣ったイカを入れている。漁協に売って小遣いにするのだろう。以降釣ったイカをすべてイケスに投げ入れる。終盤乗りが悪くなったが、ふっとしたあたりを直結で捉えて一日釣りを楽しむ。まさにイカマシーンのように黙々と釣る。57匹の釣果は、船中25-83匹の平均点か。2014年の数の自己記録を1匹上回ったが、型の大きさからすると断然記録更新。

イケスのイカが釣った数より多いのをいぶかっていたのだろう。帰港後、「楽しめた。57釣ったけど27はイケスに入れといた。また来るよ」と挨拶すると、船長は「ああ、そんでー。あんがとね。また遊びに来て」と笑顔。

ダイワ 極鋭ヤリイカAGS167 + シマノフォースマスター2000 PE3号
錘100号 より取りリング 11cm直結8本

2019年1月27日日曜日

絶景の宝庫


久しぶりに伊豆半島をツーリングしてきた。
スポットを弾丸ツアーで巡る。
目的は観光でなくてドライビング。


まず東名から小田厚経由で熱海・伊東・伊豆高原へ。
・来宮神社
・橋立吊橋
・対馬の滝



そこから県道で伊豆半島北部を東西に横断。
・修禅寺
・日枝神社
・達磨山







西伊豆を国道沿いに南下。
・堂ヶ島
・石廊崎
・龍宮窟
・白浜神社
・峰温泉大噴湯公園

中伊豆を国道沿いに北上。
・三嶋大社

総距離500km。
伊豆半島は絶景の宝庫だ。
まだまだ知らないスポットがたくさんあることを再発見。
天候に恵まれて快適なツーリングに。