2019年7月15日月曜日

初ボウズ

波崎港から船出
以降撮るべき写真もなく・・・
2019年7月13日(土)釣行 若潮
浜茄子丸 左舷ミヨシ4番(左8、右7)
4:35出港 11:35納竿 12:45帰港
曇り 西南のち南東の風1-2m 波1m
寒猫根 水深140-150m

アカムツ 0匹
サバ、カサゴ、ドンコ等リリース

次男Kの要望でアカムツを釣りに。昨年4月以来の波崎港。釣果に波がある様子なので不安だが、久し振りに仕掛けを自作。大型船でも1時間超かかる寒猫と呼ばれる根までのクルーズは寝たいのだが、行きはワクワクして寝付けない。

一投目から重みを感じて引き上げるが反対舷とオマツリ。上潮が船底に潜る方向に流れる。サバが猛攻する。なのでオマツリが頻発する。そのうち船底に仕掛けが引っかかり、依り取りリング以下の仕掛けと錘をロスト。

上潮の割に底潮は流れていないようで、アカムツからの魚信は船中で少ない。眠たくなるころにポツンと誰かが釣り上げるが、小型が多い。群れになっているはずと誘うのだが、「潮が流れず、続かないなぁ」と船長もお手上げ。それらしき引きが一度だけあったのだが、巻き上げ中にバラす。ダメな日は何をやってもダメだ。

結局アカムツでは初めての釣果ゼロ。船中でゼロが多いので、一人やってもたー感はあまりない。帰りのクルーズは疲れもあってウトウト。曇り空だが腕と顔が真っ赤に焼けてしまった。持ち込みを予定していた門前仲町の居酒屋をキャンセル。

下船後船長が昨日確保したアカムツを小型ながら2匹お土産にとくれた。やはり釣果の波が大きく安心できないのだろう。釣果が上向いたらまた来よう。あるいは福田港まで遠征するか・・・。

ダイワ極鋭中深場73-H205 + シマノフォースマスター2000 PE3号
ヨリトリリング 胴付2本針ホタ16号 錘120号

2019年7月6日土曜日

新旧マルイカ釣り

育丸Webから。
釣れてる間に撮影。
2019年7月6日(土)釣行 中潮
育丸 左舷トモ(左3、右2)
5:30出港 12:40納竿 13:00帰港
雨のち曇り 北北東の風6-10m 波1m
剣崎沖ー城ヶ島東沖ー城ヶ島西沖 水深40-50m

マルイカ 6匹 胴長10-20cm

ヨットとクルーズ
釣り人眠る
月例仕立て。梅雨前線の影響で雨が続く。風も強いが北風だと、三浦半島南岸では波は立たない。釣り物はマルイカ。このブログの右側マルイカのラベルでわかるが、過去の釣行12回。前回は2015年なので4年ぶりだ。2010年に27匹を記録した以外、ツ抜けが1回しかない。

データは最近のマルイカ釣りが苦手だと物語っている。かつては型の良いイカが大きなスッテのブランコ仕掛けに乗ってきた。直ブラ・直結の登場で、小さなスッテで小さなイカを誘ってかけるゲーム性の高い釣りに進化した。ゆったりと楽しめるかつての釣りのほうが好きだ。今はイカの成長前に釣ってしまって大きくなっていない気がする。

上方にベビーイカ
直結なら拾える
ブランコ仕掛けで開始。1流し目、2流し目とイカが乗ってくる。幸先良し。だが、イカがすぐにスレるのか、次第に乗りが悪くなる。スッテにはスミだけ残る。アワセが遅くて、イカは抱いたスッテをすぐに話しているようだ。直結ブラに交換してなんとか4匹まで確保。以降ばったり。城ヶ島から三戸浜沖へ転身するが、船中でポツポツ。幹事のTさんが好調なので古い大きなスッテのブランコに変更。コマセに入れた11cmプラヅノに乗ってきた。長い探索クルージング。雨が上がって釣り人は寝ているが、船長は疲れたろう。納竿前に剣崎沖に戻ってきて、ポツリと追釣。

この日一番の引きは30cmフグ
トラなら持ち帰ったのだが・・・

引き取り手を探すまでもない釣果なので直帰。楽と言えば楽。こんなもんだろうと想定内なので、店への持ち込み予約はしていなくて正解だった・・・。

シマノ バイオインパクト165 + 幻風PE1号
錘40号 ブランコ5本針 直結ブラ5本針

2019年6月23日日曜日

梅雨はイサキ

嬉しい3匹1荷
2019年6月22日(土)中潮
育丸 左舷トモ(左3、右3)
5:30出港 10:00沖上り 10:30帰港
剣崎沖 水深20m、90m 波0.5m
曇り時々雨 東の風1-2m

イサキ 19匹 20-25cm
マアジ 19匹 25-35cm

6月上旬の定例会が悪天キャンセル。この日の釣行に。曇天だが風雨なく、梅雨時が旬のイサキ狙い。出港時間と同時に剣崎の釣り船は全力疾走。根が狭いので、良ポジションを競って接近戦。良い位置につけたのだろう、一投目からイサキが釣れ上がる。型は大きくないが、3点掛けも含めて釣りを楽しむ。7時半頃になるとイサキも満腹になり、かつ潮がかっ飛び状態になって、難しい。早めに見切りをつけて8時にアジへ転戦。

ここでも一投目から大アジの小気味良いアタリ。以降、空振りなしで釣れ続ける。サバに攻められてバラしも生じるので、アカタンを外して銀針だけに。それでもアジは食いついてくる。十分な釣果を得て10時に早上り。5月と併せて連続早上りで定例仕立て会絶好調。

遠回りなのだが、時間があるので次男K一家に立ち寄って、裾分け。ナメロウに凝る孫娘の喜ぶ顔が嬉しい。残りは銀座の居酒屋に贈呈。ゆっくり入浴・タックル掃除後、再訪。イサキとアジを、刺身・タタキ、塩焼き、特製タレ南蛮、煮物、揚げ物で堪能。至極の一日になった。

イサキ:ライトマスター + シマノ1000SP PE2号
天秤30cm プラビシ60号 クッション30cm 1.7号3本針

マアジ:ダイワ中深場73-H205 + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤30cm カナビシ130号 クッション30cm 2号2本針

2019年5月19日日曜日

一発を逃がすな

育丸Webから
ガツンと3.8kg
2019年5月18日(土)釣行 大潮
育丸 右舷ミヨシ(右2、左3)
5:30出港 10:30納竿 11:00帰港
剣崎沖 水深35-45m
晴れ 東の風1-3m

マダイ 1匹 3.8kg
マアジ 12匹 25-35cm

3月10日以来2ヶ月ぶりの釣行。月例仕立てへの参加はまだ平成だった昨年11月3日以来半年ぶりだ。船長も女将もいつもと変わらぬ笑顔で迎えてくれる。

育丸三親子は年上から順に古い船を操る
狙いはマダイとマアジの二本立て。今期のマダイは好調だ。連日数も型も揃う写真が船宿Webに掲載されている。もう乗っ込みも終わる時期だが、間口港と江奈港の前海には数十艘が待機。定刻5:30きっかりにポイントに向けて疾走する様はいつ見ても壮観だ。親子三代の一番若い船長が新造船は速い。いち早く位置決めと同時に投入。

早々に3人に1Kg前後のマダイが釣れ上がった。ジャックにはアタリがない、久し振りだと、エサ、仕掛け、誘い、タナなど何がずれているのかわからない。試行錯誤の7時過ぎに初ヒット。小さなアタリだったが、竿を手にした途端、強く引き込んでドラグが鳴る。型が良さそうだ。10mほども引き出されたが、止まった瞬間に大きく2度ほどアワセを入れる。これでガッツリ針がかりしているだろう。備えた4号ハリスだが、竿のしなりとドラグを使って慎重にやりとり。タモ取りしてもらったのは、後検量3.8kg。黒ずんだ乗っ込みの、多分オスだろう。マダイは後にも先にもこのアタリだけだったが、それを逃がさなかったのが嬉しい。

直径40cmの桶から
20cmほどはみ出る良型
8時半にマアジに移動。タナ指示50mだが、アジは底から2-3mだろうと60mで待つ。船中で釣れ上がるのので、すぐに50mに修正するとヒット。ここのアジは中層を遊泳しているらしい。船長の言うことは素直に聞くべし。30cm前後の良型が入れ食い状態。海面バラしも多くて狙ってもダブルは1度しか成功しなかった。それでもすぐにツ抜けたので血抜き。皆クーラーいっぱいになり、10時半には納竿、早上がり。この仕立てで早上がりは初めてで船宿もびっくり。最後まで粘るポリシーのMさんが欠席なので成立。

帰りの渋滞もなく、13時過ぎには近所に見つけた居酒屋Tに魚を持ち込む。タックル掃除の風呂を終えても時間に余裕がある。早上がりは良いことづくめだ。一眠りしてからTへ。お任せにした調理は、マダイを刺身、塩焼きと吸い物、マアジを刺身、ナメロウと南蛮漬けにして出してくれた。吸い物は白子入りなので、やはりオスだった。「あのサイズを裁くのは久し振りでした。」と店長も楽しそうだ。GWに熱海まで行ったが船中小型1枚だったとか。天気に恵まれて日焼けし、うまい魚と酒に良い具合に酔って、熟睡。やっぱり釣りは幸せだ。

マダイ
シマノBJSミヨシ40-255+B + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤70cm クッション1m プラビシL100号
6号6m+4号4mテーパー 1本針

マアジ
ダイワ中深場73-H205 + シマノ1000SP PE2号
天秤70cm クッション50cm カナビシ130号
2号2m2本針