2009年10月18日日曜日

こんなに難しかったっけ?

2009年10月18日(日)大潮

午後LTアジ 第5忠彦丸
八景沖 30m前後
晴れ 波0.5m 風少々

マアジ 8本 17cm~25cm

昨日も今日も早く目覚めたのだが、どうも釣行に気乗りしない。今週はパスしようとも思ったが、二男Kの授業料振込その他所用に出かけてみると、思いのほか陽気が良い。嫌ななことも済ましたことだし、と午後のLTアジに乗り込む。右舷トモ2番。二流し目にまずまずの型を見た後、ず~と、アタらず。イワシミンチが粘っこく、柔らかい竿ではコマセワークが難しい。硬い竿に変える。ダメ。潮が速いのでウィリー用1.75号2.5mで始めたが、潮止まりになって2m以下にカット。ダメ。見切りをつけてアジ用ハリスを使うが2号(と2.5号)しかない。やっぱりダメ。ヒラメづいて、アジの釣り方を忘れてしまったかのよう。ラスト1時間、中乗りさんがタックルを手にやってみる。やっぱりダメ。これ使ってみて、と渡された1.5号ハリス。ようやくポツポツ釣れ始める。潮が澄んでいたので、なおさら細いハリスのほうが良かったようだ。時すでに遅しの沖上がり。難しい~。船中1-35。左舷のほうが良かった様子。

釣果は散々だったが、快晴で心地良い風が吹く洋上、のんびりした午後。すっきりリフレッシュ。やめられない。帰港後、以前シロギスで世話になった船長と談笑。「今日は厳しかった~。」に、「スミイカもきつかった~。」らしい。ハガキを渡すと、アジ用1.5号仕掛けをくれた、遅いがな。後片付け中のマダイ船長に、「マダイに出れないと面白くないね。」と水を向けたと、「体の一部がなくなった感じ。」と笑いながらも、「釣れて美味くて短いのにはかなわない・・・。」と、なにやら元気がない。船長業も楽ではないらしい。

三咲ライトマスターII-165改、ABU左巻き PE1.5号
BJSライトゲーム64 I-155+B18、ABU5500 PE3号
貸し天秤ビシ40号