2012年12月24日月曜日

イシもタイ

イシダイ釣りをレクチャする船長
2012年12月23日(日)釣行 長潮
横内丸 左舷トモ3番 左舷8人右舷9人)
出港7:20 納竿14:10 帰港15:00
久里浜沖 水深50-60m
曇り 北の風7-3m 波1m

マダイ 0
イシダイ 3匹 20-23cm
マサバ 1匹 40cm

土曜の月例仕立ては寒波・雨・強風予報にキャンセル。剱崎の船は軒並み早上がりだった模様なので正解だったろう。
横内丸Webから
マダイ要請に「たぶん釣れん」と答えるが、上さんは聞く耳もたず。剱崎も久里浜も佐島も茅ヶ崎も、マダイ乗合は徹底的にマダイだけを狙う。外れた場合の土産を考えて、横内丸に初釣行。忠彦丸の頃に世話になっていた、マダイへのこだわりが人一倍強い船長だ。1-2年前に独立して船宿を構えてからはマダイだけで撃沈というわけにもいかないのだろう、青物やイシダイをバックアップに釣らせている。「忠彦の頃に来てたよね」と覚えていてくれたのが嬉しい。乳飲み子を抱えた家族経営を応援したい。満船。楽しい船長なので人気があるのはいいことなのだが、マダイを釣るには厳しい条件だ。
マサバが嬉しい
案の定、マダイは沈黙。魚探を見せてもらうとマダイの反応はバッチリあるのだが、どうにも口を使わない。指示棚より下げさせないよう全員に守らせ懸命に喰いが立つ船長だが、どうにも喰わない。粘りに粘って細ハリスにしていた終盤、待望の初ヒットに慎重にやり取りし、「喰ったよ」と船長もアナウンスしたが、反対舷を巻き込む太ったマサバ二人ともがっくり。マダイは結局船中一枚か。沖上がり1時間ほどかイシダイを釣る。育丸仕込みで確保の3枚は多分トップ。小さな針・4mまでの仕掛け・シャクリ方・一回で手返しは皆剱崎と同じだが、コマセを一シャクリ2-3粒か一切撒かないかという点だけ異なる。撒くとイシダイが付け餌を追わずにコマセを追ってしまいアタリが出なくなるからという。なるほど、剱崎でも試してみよう。

「タイ3枚」の釣果メールにクーラーボックスを覗き込んだ上さん「なんや、エンゼルやん」。「イ、イシダイもタイや。マダイは釣れんと言ったろ。」と、応じるが、「あかんな。エンゼルは人気ないねん、配られへん。」と素気ない。刺身は脂の乗り良く、マダイよりも美味いと思うのだが…。

マイロッド4 + マイリール8 PE5号
天秤70cm、プラビシL80号、クッション1m
6号6m+4号4mテーパ2-1本針、5号4m+2.5号4mテーパ1本針等