2013年4月21日日曜日

赤と黒に囲まれて


育丸Webから。
目をつむった俺ではなく、主役はマダイ

2013年4月20日(土)釣行 若潮
育丸 若船長船 左舷トモ1番(左3、右4人) 6;30出港 13:30納竿 13:50帰港
剱崎沖 水深45-30m
小雨後曇り 北東の風3-5m 波0.5m

マダイ 3匹 0.8-2.6kg
クロダイ 3匹 0.8-1.6kg
メジナ 1匹 30cm


育丸Webから。中央に祭り上げ
られた一尾。体高と腹回りで重い。
クーラーボックスにはマダイ2匹とメジナが収まっている。第一投からパタパタ釣れた後、船中沈黙の10時過ぎ。朝から50cm刻みで3mラインを引出す置き竿落とし込みで喰わせた。メンバーがアジへの移動を相談したが船長は粘ることを勧める。「もう喰わないかな…」と最後の50cmを出して指示棚にセット、パンを口に入れようとした瞬間だった。竿が海面に突き刺さる。「喰った!」パンを放り投げて竿を手に。ラインがズルズル引き出される。10mほど走らせ止まった瞬間にアワセを入れる。強く、2度、3度。ゆるゆるのドラグを少し絞めて巻上げ。巻いては出されのやり取りが楽しい。残り10mでの抵抗が長い。船長のタモに収まったのは、黒々としたオス、後検量2.6kgのマダイ。今日一日で、いやこの一週間で最高の5分間だ。

今月の仕立てはノッコミマダイ。今年も間口港駐車場は満杯の盛況。メンバーは、昨年同様、週末の混雑倒れを恐れる。俺は内心2kgオーバーを期す。荒れて出船できない日が多いからか、今年は週末にも模様が出ているからだ。期待通りの一尾に大満足だが、有利な釣り座によるところが大きい。右ミヨシから左トモに流れる潮。マダイの釣果も左舷に偏り、トモから3、3、1。右舷ではトモだけ2で、ミヨシ寄り3人は型なし。右舷ミヨシ寄りでは厳しい一日だった。

マダイにかすむが実はクロダイもでかい♫

クロダイで全員良型を得たのが救い。北寄りのポイントに移動した終盤、型見ずの解消は沖上がり1分前だった。1匹バラしたが、俺にも良型がバタバタと3匹釣れて、10分前には納竿。血だらけになった釣り座を洗う。はじめは魚の血だと思っていたのだが、俺のだった。1匹目のクロダイを持ったときにエラで左人差し指を切ったらしく、流血が止まらない。それでも時合いに釣りを停められない。血まみれで2匹を追釣。くじ引きで決める釣り座だが、くじも釣運の内、有利な釣り座なら釣果を出すしかない。黒ずんだ赤いマダイと赤い血にまみれた黒ダイに囲まれて、大満足な釣行。

マイロッド4 + マイリール1 PE3号
天秤70cm、プラビシL80号、クッション1m
6号6m+4号4mテーパー2本針:一度も交換することなく全ての魚をこの自作一組で♫