2014年7月19日土曜日

うたた寝釣行

お仲間を待つ一匹だったが…
2014年7月19日(土)釣行 大潮
育丸 → 井戸端丸 左舷トモ1番(左3、右4)
5:30出港 12:30納竿 12:40帰港
城ケ島南沖→西沖→南沖 水深100m前後
曇り時々雨 北東の風5-0m 波0.5m

スルメイカ 2匹 胴長25-30cm
マダコ 0

月例定例会。相変わらず週末に持ち越した仕事がある。睡眠も3時間。乗合なら止めて仕事にするところだったが、仕立てだとそうもいかない。事情がどうであれ港に向かわせる月例仕立ては、リフレッシュには救いになる。三連休だが日月は家事と仏事と仕事に追われることに。

釣り物はスルメとタコのリレー。序盤にスルメの顔を見たものの、上潮が速いうえに、なにより潮色が悪い。緑色というか黒色というか。案の定スルメのノリが渋い。城ケ島の南と西の沖を行き来するが、船長も懸命に探索してくれるが、空振りも多い。こういう状況になるとイカを看板にする船宿で拾い釣りしないことには数が伸びない。船中パッとしないままに11時頃にイカ終了。結局2匹だったが、ボウズに終わったメンバーに1匹贈呈。こちらも3か所ほど探るが、濁りがきつい中ではタコもなかなかテンヤのカニを見つけられないのだろう。かろうじて船中1匹を手繰りあげて終了。

まったく釣果がふるわなかったが、曇りで涼しかったので、皮肉なことに探索時間中にウトウトできて睡眠不足の解消になった。まぁ、そんな釣行もありだろう。帰宅後仏壇の写真に「なにこれ?こんだけ~?高っかいイカやな~、何やってんの!」と言われた気がして苦笑い。

BJSスルメ直結120+B + フォースマスター3000 PE5号
錘120→150号 直結18cm9本―11本針
タコテンヤ50号