2015年10月18日日曜日

室内はようやくほぼ終了

大きな下駄箱も
一人ではガラガラ
10年以上前には活躍したのだが…
今週末も掃除に明け暮れた。17日(土)は下駄箱・玄関とクローゼット小。下駄箱は棚数が多いが、すべて外して1枚ずつ裏表拭うとともに壁を拭いた。上さんは新聞紙を引いていたのだが、見栄えの良い食器棚シートを引いた。内見者が恐らく最初に開くであろう下駄箱は第一印象を左右するが、これでかなり良くなったろう。玄関を洗っていてドアノブにガタがきているのに気付いた。ネットで修理方法を調べて簡単に直す。

クローゼット小も
ガラガラに
クローゼット小はゴルフクラブやらキャンプ用品やら車用品やらで満杯だ。いずれも使えるか使えないかの別で言えば使えるものばかりだ。しかし使えるものを維持すればモノが増えていくばかりだ。そこで判断基準には使うのか使わないのか、を採用する。ゴルフはもう止めた。呼ばれてやらざるを得ない事態になったにしても、この道具では古すぎて結局新調するだろう。ましてや上さんや親父のクラブは最早骨董品である。キャンプ用品は主に屋外用のテーブルや折りたたみ椅子。子供たちは自分で行くようになったし、次の出番は孫が中高生くらいになってからだろう。その頃にはより良い品が安く手に入るだろう。車用品も含めて、そもそもこの数年引っ張り出したことがない。つまり、使わないのだ。全て車に積み込んで環境管理センターへ。今回は72Kgにもなった。それでも1800円は粗大ゴミ回収よりはるかに安い。

ごちゃごちゃの
品物を…
クローゼット大も
すっきり
小分けにして戻すと…
この2か所で土曜はくたびれた。18日(日)に回したのが最後の難関、クローゼット大。上さんが死んだ1年半前に一度整備したのだが、次男Kや嫁Aも使うのですぐに何がどこにいったのか分からなくなる。薬やティッシュや清掃道具や工具や釘やネジや電池や電灯や電球やケーブル類やら、とにかくありとあらゆるものがここに集まってくる。全てをリビングに一旦並べて、3枚の棚も外して清掃する。時間がかかるので先に散髪を済ます。スッキリしたところで、関連する物だけをカゴやトレーに仕分け作業。人数多いとこの分類が混ぜこぜになって、いざ探そうとしても見つからない。塗り薬と飲み薬がごっちゃになることももうなかろう。クリスマス用電飾やペット用品ももう使わない。不要物を捨てると、やけにすっきりしたクローゼットになった。仕分けられているので引越の梱包や開梱も楽だろう。

さすがに掃除ばかりでは気が滅入ってくる。午後には引越先候補の一軒を内見に。なかなか良い物件だが、少々広くやや高い。まぁ、まずは自宅の買手が決まらんことには、引越先を決めてもしょうがない。今はあれこれ見て回って目を肥やしておくに留め、申込や契約をせかす不動産業者をサクッとかわす。自宅は限定公開を始めたようだがまだ反応はないという…。