2016年7月31日日曜日

クルマ4種さまざま

バルブ型したボールペン立てゲット
大観山はまだ紫陽花
29日(金)は取引先の方の紫綬褒章のお祝い酒席。7月最後の週末は釣行せず、クルマで遊ぶことに。30日(土)は、まずFドリーム平塚でカート。受付後前回のタイムを聞かれたので39秒と答えたが、これがまずかったか。結構混んでいたので他の4人組と一緒にされた。初めてではないが慣れてもいないようで遅い。俺も2回目だが10周の間に3周回ほど抜き去りながらの走行に。使えてタイムアタックできないラップもあったが、それでも35.4秒をマーク。前回ベストを4秒近く縮めた。慣れてフルスロットル時間が増えてトップスピードが上がったことに加え、やはり無駄にドリフトさせないのがコツだ。この先さらに詰めるのは難しい。ついつい突っ込みたくなるが、ブレーキングを早めてスローインファーストアウトの完全グリップ走行ができるかどうかだろう。

観光に来ているのか
車を見せに来ているのか
ついでメルセデスディーラーへ。新型Eクラスの内見とAMGの試乗。Eクラスの社内は淡いブルーのイルミが写真よりも豪華でうっとりさせる。もう大きな4ドアセダンは不要なので、2ドアクーペは出ないのか聞いてみた。やはり予定しているらしい。ここ数年メルセデスの新車ラッシュは目まぐるしい。

工事してさらに派手にするのか
箱根大天狗神社
AMGの試乗は2リッター380馬力のA45で充分だったのだが、配車の都合で4リッター475馬力のC63に乗ることに。排気量だけならトランザムの5.7リッターが上だが、90年代のしかもOHVと、現代のDOHCツインターボとでは、まるで比較にならない(元々アメ車とドイツ車では比較にならないが)。高速で踏み込んだときのレスポンスの速さとシートに押し付けられる加速は秀逸だ。道が混んでいたのでわずかしか試せなかったが、このクルマ、今風に言えば、ヤバイ。いつまでもどこででも楽しんでしまいそうだ。まぁ簡単に手に入る額ではない。

旧東海道を下りてくると友栄に
朝10時過ぎの昼食
早寝すると早起きしてしまう。31日(日)は5時半に出発、30年ぶりに湯河原から椿ラインを攻めて大観山に登った。愛車A180 Sportsは1.6リッター120馬力でA45やC63とは比べようもない。だが軽くて、足回りはAMG仕込だ。さらにスポーツ設定でエンジンを高回転域に保ち、ステアリング応答を早めると、ワインディングを充分に楽しめる。パドルシフトも使いながらスキール音を立てながら楽しんでいたが、遅いバイクに追いついてしまった。かつて無線を駆使しながらツーリング仲間5台が一斉に追い越してビビらせたのを懐かしく思い出す。今では道を譲られるまでノソノソ追走。結局峠道をを攻め楽しんだのは半分ぐらい。だが途中ガードレールに張り付きそうにもなったのでちょうど良かったのだろう。視界や視力、反射神経や運動神経、集中力や持久力の劣化を痛感する。同時にそれらをカバーして余りあるクルマの性能向上に感心もする。

芦ノ湖、箱根の関所、大涌谷と回ったのだが、いずれも時間が早過ぎて入れない。旧東海道を下って箱根大天狗神社なる広くて派手な神社を散策。可愛らしい巫女さんに、すかさず朱印帳を差し出す。小田原まで戻っても9時過ぎ。ちょうど友栄で開店準備・受付開始していたので、ポケモンを捕まえながら鰻待ち。やっぱりここの鰻は柔らかくて美味い。と舌鼓を打ちながら帰宅したのが正午前。行きも帰りも渋滞する前に抜けてしまう爽快な箱根半日ドライブになった。

明日からカツオとメジのコマセ釣りが解禁だ。準備しなきゃ。