2017年3月20日月曜日

コントラスト

春分の日を含む3月18ー20日の三連休。

菜の花とタワマン
本文に無関係な日テレからくり
17日は深酒。その影響で18日は午後まで動けず。ここ数年では二日酔いは珍しい。掃除・洗濯済ませて、のんびりしようと思うのだが、天気がよいと一日部屋にこもっていられない。洗車に出かける。きれいにしたクルマでモールで散策でもするかと思っていたが、花粉症を発症。鼻がズルズル、目やにも出るし、のども痛む。すごすごと部屋に引き揚げる。

池と茶屋と高層ビル
池と松と東京タワー
18日は最高気温19度と4月上旬の予報。釣りにも良い天気だ。釣りそのものは楽しいのだが、釣果を捌くのも配るのも億劫になってきて、足が向かない。日差しが暖かいので浜離宮まで散策へ。江戸時代には将軍家の鷹狩場から鴨場や庭園と整備され、明治時代には宮内省管轄で迎賓館としても利用、戦後東京都に移管されたと言う。

海と松とレインボー橋
樹齢300年!
都心には贅沢な広大な敷地を東京湾とつながる堀が取り囲み、中にも汐入の池や鴨場の池がある。休憩所にもなる茶屋は観光客で賑わう。松と高層ビル、池と東京タワー、海とレインボウブリッジ、菜の花とタワーマンションなど、自然と造形物とのコントラストがここでは随所に見られて思わずシャッターをきった。

興味深かったのは、小覗・大覗と言い鴨場の隠れ土手。そこから池からの引き込み堀にエサを撒いてアヒルをおとりとして引き寄せ、ついて来た水鳥を鷹や網で捕獲していたらしい。なるほど池には鴨らが気持ち良さそうに群れている。しばらく代われないものだろうかなどと考えながら、腹を満たしに築地まで歩く。寿司をほおばり昼から飲む。いい休日になった。