2017年7月30日日曜日

期待越えと期待外れ

荘厳な榛名神社鳥居と山門
榛名富士はあいにく雲隠れ
神奈川と千葉以外の北方で楽しめるところがないかと地図を眺める。群馬には山が多い。ワインディングも多い。そう言えばイニシャルDって漫画も群馬が舞台だったような。山奥に榛名という湖があり、傍に榛名富士と呼ばれるという山がある。近くに榛名神社というなにやら由緒ありそうな神社も。目的地にはうってつけだ。ついでに世界遺産富岡製糸場も見物しよう。

渓流沿いの参道 七福神像が点在
山中の三重塔
日帰りなので渋滞を避けるべく7時出発。それでも関越道は100km/hを下回るノロノロ感。圏央道を越えたあたりからようやく快適速度に。伊香保温泉から榛名湖へ。この登り道は適度な道幅があり快適だ。追い越され車線がところどころにあるので遅いクルマにつかえてもノロノロするのはわずかですむ。余力をもってタイヤをきしませ、楽しく山登り。山深い朝の榛名湖は空気がうまい。あいにく雲が低く垂れ込めて、榛名富士は裾だけ拝む。ロープウェイで山頂へ登っても何も見えまい。すぐに神社へ移動。路線バスにつかえて下りを楽しめず。立派な男根岩をじっくり眺めながら下る。

中門の岩山
奥の岩は人手で
置かれた訳ではない
信玄も戦勝祈願したという榛名神社は荘厳で見応えがある。鳥居も山門も古く立派なものだ。渓流のせせらぎを聞きながら登る参道からの眺めが良い。巨岩やら滝やらが点在していて飽きない。双竜に睨まれながら中門を潜ると本殿。その背後の杉の木の奥には巨岩が今にも落ちそうな状態で別の巨岩の上に鎮座している。太古の昔こうなる瞬間を見てみたいものだ、と雑念を抱きながら参拝。いつもの事ながら賽銭は朱印よりも桁違いに少ない。これでは願い事もかなわぬと思うが、大枚を賽銭箱に入れる気にはなかなかなれない。

期待外れの世界遺産
暑い。こんなところによく建てたなと感心する富岡製糸場。世界遺産だというのでじっくり見てみた。汗だくで木骨レンガ構造の倉庫や製糸ラインを見物。まぁ、明治期の日本の文明開化や発展を支えたであろうことは分かる。だが、古い建物を見て回ったと言うだけで、大して感慨深いものも印象深いものもない。近くで食べた平たいうどんのほうが印象的だ。せめてこの製糸場に雇われた技師ブリュナの館の内部公開など展示方法を工夫しないと、いずれ期待倒れ評に客足も遠のくだろう。

豪華な貫前神社
群馬の三猿
製糸場がつまらなかった上に時間がまだあるので、近くの貫前神社にも立ち寄ってみた。「ぬきさき」と読む。山門を潜ると参道階段を下るという珍しい配置だ。本殿が豪華絢爛。併設されている日枝神社には三猿も彫られている。世界遺産よりもこちらのほうがまだましだ、いや榛名神社が一番来た甲斐があったな。などと考えながら関越道が混みあう前に帰宅。

バルコニーからの隅田川花火大会は聖路加病院に隠れて見えず。世界遺産なみの期待外れ感...