2009年5月4日月曜日

開始1時間の差

2009年5月3日(日)

ムツ六釣船店 第18東丸
久里浜沖40-50m 小潮
曇り時々晴れ 南西の風弱くのち強く
ナギのち波1.5m

マダイ 2枚 780g 460g
マアジ 2本 30cm
マサバ 1本 40cm
イワシ多 リリースサイズのヒラメ

BJSミヨシ40-255+B
電動丸1000SP PE4号
サニービシ80号 クッション1m
自作1本針 3.5号8m、3号6m、5号7m等

朝一で時合がありその後は魚信なしの傾向。剣埼も上向きなのだが5時半出船がきつい。八景(8時開始)よりも1時間早い久里浜(7時開始)へ。5時30分に着いたが本船第28東丸はすでに満席、第18東丸の右舷胴の間に。潮と風から今日は右舷のはず。出船前に船長のレクチャー、始め2時間活性が高いので手返し良く、底からタナ取りハリス分。

内心始めの1時間が勝負。手持ちで気合。開始早々に8mハリスに魚信。オキアミの頭だけちぎられ喰い込まず。タナはあっている。しばらくしてヒット、型をみて、してやったり、ホッとする。他船でもチラホラ取り込みが見える。が八景船が続々と寄ってきた1時間後にはすでにまったりムード。船中で虎の子の1枚。今日は渋い。

南北二つのポイントにそれぞれ船団が形成。11時半、南側に移動。5号ハリスで大型狙う。しばらくアジ・サバによるオマツリ続くが、左隣、右トモでマダイを取り込み。ラスト1時間で右舷ミヨシ2番で2kg級。残り30分でようやくヒット。700g級、・・・抜き上げる。船中7枚、0-2。右舷ばかりで左舷は1枚か。本船13枚、第三船9枚。このところの好調さに比べれば他船も含め渋めの一日。その中で貴重な二枚。ツボにはまれば簡単に釣れるが、読みが狂い始めると外れっぱなし。難しい。

連続ボウズ脱出のトップに満足しつつ、長さの割に体高があり太い一尾を、2枚おろしの塩焼き、兜と真子の潮汁に。上さんのバイト話(だったと思う)に耳を貸しながら思う、それにしてもキロオーバーは遠い・・・。