2009年7月26日日曜日

ワラサ…不発

2009年7月25日(土) 中潮

ムツ六釣船店 第21東丸
剣崎沖30-35m
曇り時々晴れ 風5m前後 波1m

アルファタックル中通し 船30-270
電動丸3000BM PE6号
サニービシ L80号
ハリス8号6m

ワラサ 0、外道も0

週の初めから突然ワラサが釣れ始めた。まだそんな時期でもなかろうに、瀬戸丸が一早く好釣果を挙げると数日のうちに湾内各地の釣船がこぞってワラサ船を出すようになった。5:30出船の剣崎は早すぎてつらい、7:20出船の八景は帰りの渋滞がつらい。7:00出船の久里浜ムツ六に。6時前に到着したが、第28東丸はすでに満席状態で3名が二艘目第21東丸の集客を待たされる。結局一名増えて、28号船から移った3名と併せて7名で出船。風と潮から左舷ミヨシを狙っていたが、移動組も同様に考えていたらしく優先的に着座。左舷ミヨシ3番。トモ2番とも言えるが3人がかなりミヨシ寄り。

ハズレ。一日通して当たりなし。完全ボウズを喰らう。二度目。船中6本。左舷ミヨシ3本、2番1本、右舷3名各1本。内4本はラスト30分の潮止まり前後に集中。この短く唯一の時合いも活かせず。28号船は船中2本。21号船は修行中なのだろう若い船長が操船。本船をしのぐ釣果を出したのだから立派、中乗りをしていた大船長の指導の賜物だろう。帰港着岸時の慎重な切り返し操船が微笑ましく、「船長、ご苦労さんでした。」に嬉しそう。下船時、「残念だったねー、すぐそこ(左舷ミヨシ)まで来てたんだけどねー。」と大船長の気遣いが嬉しい。

写真は大船団のほんの一部だが、数えてみると50艘はいた。釣り場に着いた7:30頃にはどの船も静かなので、もう一山過ぎたのか、との不安が的中。日中は探検丸で見ても時折反応があるのだが、食い渋る。後調べでは、出船時間の早い剣崎船のほうが比較的釣果がよく、朝一の時合いだけだったようだ。この日、間口港は満潮が6:15、干潮が12:49。剣崎船は前者を捉えられるが、その他はできない。潮時の重要性を実感した一日。

前回初めての完全ボウズを喰らった時は悔しい思いばかりだったが、今回は自分でも意外なほどなぜかサバサバしている。棚指示の維持、マメなコマセ入れ替え、エサの工夫など、やれることは全部やった。それでも喰わないときは喰わないということだ。ハリス変更はあえてやらなかった。右隣りが頻繁に工夫していたが当たらない。ワラサ用の太さや長さ、針の大きさの考え方がわからない俺が闇雲にやっても迷路にはまるだけ。喜平治丸が船で統一して細かく指示しているようなので、次はそこで習得するか。シロギス要請が強まってはいるが・・・。