2011年6月26日日曜日

癒しの半日船

滞在ホテルの吹抜。
これだけのスペースは
日本ではとれない。
2011年6月26日(日)釣行 長潮
進丸 7号船 午前船
猿島沖-住友ドック前 水深10-20m
曇り 東の風1-2m 波0

シロギス 29匹 15-23cm
カタクチイワシ、トラギス、ウミタナゴ、メゴチ、ベラ等リリース

かなりくたびれた海外出張から帰ると上さん高熱。前日ばあばと出歩き過ぎて疲れたらしい。医者に連れて行くと、きつい風邪で安静にしておかないと肺炎になりかねないと解熱剤をもらう。「看病ったって役に立たんから犬の散歩だけして釣りに行って来い」と言われ、午前シロギスへ。2週間ぶりの釣行。8号船は仕立てで、乗合は大船長操船の小型7号船。右舷ミヨシに陣取ると続々と釣り客が現れ20名ほどの満船で定刻前に出港。

ホテル横に野ウサギ!
曇っているが雨は降らず暑くもなく寒くもない。無風べた凪の中、猿島北側沖で開始。カタクチイワシが3連発。中型のシロギスがポツリポツリと釣れたところで、イワシを泳がす。ひとつテンヤ用の竿なので、キスを釣りつつ仕掛けだけ取り替えて泳がせも楽しめる。だが気配なく、イワシも弱ってしまい断念。シロギスの活性は高いとは言えないが、飽きない程度にアタリがあり、のんびり楽しむにはちょうど良い。あの手この手でプルプルしたアタリを出すのを楽しむ。アタリが遠のくと大船長はポイントを北へ北へと変える。最後のポイントは住友ドックに停泊中のタンカーのすぐ前。ゴツゴツとひと際良い引きを見せた20cmオーバーを数匹追釣したところで沖上がり。船中10-41匹。あっという間の3時間、シロギス29匹他様々な魚と戯れた半日ギス船。最高の癒しだ。

23cmあると、太い。


マイロッド8マイリール5 PE0.8号
胴突0.8号1本針、同2本針 錘15号 (泳がせ20号)