2011年7月3日日曜日

軟体系リレー

人生初マダコに思わずにっこり
育丸WEBから
2011年7月2日(土) 中潮
育丸 5号船
剱崎沖水深100m-間口港前水深15m
曇り時々晴れ小雨 北東の風0-7m 波0.5m

スルメイカ 7杯 胴長25cm
マダコ 2杯

「んっ?」小突いていた指先に違和感を感じる。じわーっと重みが増す感じだ。「これかな?」と半信半疑ながらも、スタンスと握りを整えて大きく道糸を引く。もたーっとした手応え。貝殻?海藻?ゴミ?魚やイカのような引きがなく、まるで生物とは思えないただの重みだ。構わずひたすら手繰る。一気に船上まで抜きあげたテンヤに突き刺さったマダコ。小型だが初めて釣り上げたマダコ。思わずにっこり。船長パチリ。

月例仕立て。今月の釣り物はスルメとマダコのリレー。当初予定のシロギス・マダコからイサキ・マダコを経て釣行前々日に最終決定。好調な釣り物を直前まで吟味したためだが、二転三転にタックルボックスの詰め替えが忙しかった。8名参加の右舷ミヨシ。前半はスルメをズラズラ沖干しにして、後半は初のマダコ手釣りを楽しもうと期待して、定刻5時半出船。

固まりだしたスルメ船団に急行中
7時。「スルメ苦戦。まだボウズ」と上さんにメール。前日「スルメの宅配便とたこ焼きの準備しとけ」と偉そうに言ったスルメ部分をさっそく訂正する。スルメの乗りが渋い。前回とは大違いで、極めて渋い。沖干し用にわざわざ持参して取り付けたビニール紐に干し物はなく、風にパシャパシャ音を立ててはためく様が寂しい。開始から1時間、その日の模様はおおよそ察しがつく。直結で触りはあるが、乗り浅く掛けられない、掛けてもバラす展開。ならばとブランコに代えると、サバに止められ着底できない投入が3連続。タナまで落とせた4投目にようやく掛けたスルメは、巻上げ中に4本のサバに振り落とされる。こりゃだめだと直結に戻す。船中で数杯。乗りを求めてあちこち探索する船が広範囲に散る。8時過ぎ、無線を受けたのだろう、育丸もそれらの船と共に一か所に急行し、船団が形成される。タナに落とし込んでシャクった瞬間、ガシッと竿を止める乗り。4点掛けで溜飲を下げ、3枚を干してビニ紐の音を止める。その後ダブル、シングルと追釣するが、群れが散ったのだろう、船団も再び散り始める。9時過ぎ、船長も見切ったのだろう「タコに行くかい?」と幹事に聞く。皆賛同。7杯では物足りないが、それでも船中トップで2番手4杯、他は2~0という状況では、異は唱えられない。仕立て初参加で貸し竿の若い二人に沖干しを1枚ずつ贈呈。

似ているようでかなり違うイカとタコ
終盤、冒頭のマダコと同型を1杯追釣して沖上がり。根掛りでテンヤと餌を早々にロストしたが、恐れずにテンヤをしっかり底につけて誘うことが、この釣りのコツのようだ。トップは大型混じりで4杯。船中16杯つれたが、0も出た。吸盤力が強く取り扱いにくい上に、器用に足先を使って隙間から脱走し、移動速度も速い。目の間を刺して絞め、頭を裏返してバケツ水の中で内臓類を引きちぎる。内臓類が腐るとかなり臭いらしい。思ったよりも墨も多い。家で捌くと、いずれも厄介だ。最初の印象はかなり尾を引く。こうして持ち帰れば、タコ釣り禁止令が出ることはあるまい。帰宅後に上さん「なに、その数」とスルメの貧果を笑う一方、「意外と大きいねんな」と小型マダコには文句を言わない。どうもイイダコと勘違いしていたらしい。

スルメ
マイロッド2マイリール2 PE6号
ヨリトリリング、錘120号
14cm直結8本針、14/11cm混合ブランコ6本針

マダコ
貸し手釣り糸、リーダー10号1m、タコテンヤ50号、ワタリガニ