2012年6月10日日曜日

釣行の判断基準

帰港直後の写真撮影。
寒さで足が震え疲労困憊でひきつる笑顔。
育丸WEBから。
2012年6月9日(土) 中潮
育丸 1号船 7人 左舷ミヨシ1番
出港5:30 沖上がり12:10 帰港12:20
下浦沖-間口港前 水深20-10m
雨 南東の風2-7m 波1m

シロギス 16匹 17-23cm
マダコ 0
カナガシラ メゴチ他 リリース多

月例仕立て。キス・タコと聞き「仕立てはいやや」な上さんも珍しく行きたいと参加表明。珍しいこともあるものだと追加申請したが、雨予報に低体温症の恐怖を思い出したのか、結局前日辞退。

止めて正解だったろう。終始イサキ釣りに良さげな雨。序盤こそ、多彩なゲストとともに、シロギスをポツポツ。尻が冷たい。雨水が浸入してズボン・パンツが濡れる。マリンスーツの防水性能が劣化したのでスプレーしておいたが、機能していない。中盤、体が冷えてきて、サビくにも誘うにも気が入らない。ピンギスやメゴチを泳がせてみたが、アタリなし。マダコにスイッチ。風も出てきてミヨシは揺れる。うつむいてタコテンヤにカニを取り付けていると、揺れで気持ちが悪くなる。小突く以前に、波の上下に底を維持するのが難しい。終盤、寒さで足が震える。船中ポツンポツンとタコ。俺は集中力を失い釣れず。船から岸壁に上がるにも、荷物を手渡すほど疲労困憊。

シロギスの型が良かったのが救い。
ここにタコも並ぶはずと思っていたのは
俺のみならず…。
ラーメンで体を温め帰宅。「止めて良かったな、今日は寒くてクタクタ」と上さんの判断を褒めながらクーラーから、釣果を取り出す。並んだのがキスだけなのを見た上さん「タコは釣れんかったん?しもた、やっぱり行けば良かった。勝てたかもしれん」。…釣行の判断基準は、晴雨ではなく、勝負の見通しだったのか。キスでは勝てないとして、迷いはタコで勝てるかどうか、だったらしい。…立派。

マイロッド7 マイリール5 PE0.8号 キャスト用
おかめ天秤15号 0.8号2本針
マイロッド5 マイリール4 PE1号 船下用置き竿
錘20号 胴突0.6-0.8号1-2本針