2012年9月17日月曜日

二人だと楽々

アカムツ5匹♪
ドンコは味噌汁に美味いらしいが…?
2012年9月15日(土)釣行 大潮
浜茄子丸 右舷胴間(ミヨシからもトモからも4、5番)
出船5:00 沖上り12:00 帰港13:00
曇り時々雨のち晴れ 北東のち南東の風2-4m
寒猫根 水深120-140m 波1m

ジャック アカムツ 4匹 25-35cm
上さん アカムツ 1匹 33cm
ドンコ、ゴマサバ、メバル混じる
ネコザメ リリース

アカムツの旨さを思い出した上さん、自分で釣りたいと御所望。波崎までの日帰りはきついので、外川のヒラメと合わせて、一泊二釣旅行にした。大きな船の広いキャビンで爆睡。ポイントについても出てこないので起こす。満席の船中で最初に型を見せて興奮の上さんだったが、雨に打たれて戦線離脱。2時間ほどまた寝た後復帰するが、重いタックルとオマツリに苦戦。ドンコはばあばが味噌汁にするとすごく美味いと言っているらしいが、釜石でそう呼ぶ魚と同じかわからないし、この魚を持ち帰る人もいないので、一番大きいものだけキープ。電話すると同じ魚らしいのでサバやメバル(と翌日釣れたヒラメ)とあわせて送る。

俺はポツリポツリと4匹。自作仕掛けは針外れやハリス切れもなく、良好だったが、反省点も二つ。
  1. 二人で6組準備したが、混む船内では不足。8組は必要。
  2. 2本針にしたのは正解だが、下のビーズはオマツリ後の枝ス通しに苦労。上下とも親子サルカンにしたほうが楽。上針にも喰ってきたのでサルカンを嫌うわけでもなさそう。
下船後、近くの公園でタックルを水洗い。二人だと楽だ。昨年の一人釣り三昧と同じホテルに素泊まり。愛想もサービスも落ちており、もう使わないだろう。夕食は銚子の居酒屋。安くて美味い。帰りは上さんが運転するので、飲むにも車で行けるのが嬉しい。一人釣行も気ままでよいが、二人のほうが楽だし楽しい。

ジャック
マイロッド14マイリール2 PE6号、胴突き2本針(幹8枝6号、枝間80-100cm)、錘150号
上さん
マイロッド11マイリール1 PE3号、仕掛けは同じ