2012年9月9日日曜日

無安打試合に一発

← 30分の格闘のラストに興奮メンバー

2012年9月8日(土)釣行 小潮
育丸の代行 丸重丸 6人の左舷ミヨシ1番
城ケ島西沖 水深不明 棚30-50m
晴れ 南西の風0-4m 波0.5m

メジ・カツオ 0

月例仕立てに3か月ぶりの参加。湾口のワラサ再釣が検討されていたが、「どうせならメジ・カツオ」をと勧める。言い出しっぺは外れることがよくあるが、そのとおりのノーヒット。当然、カツオやメジの横っ走りも味わえずノーラン。慣れぬ釣り物に船長も懸命な操船で群れの移動先に回り込む。船団の動きからいいポジションに入ったと思ったシーンも少なからずあったのだが、この日は食いが悪いのか、方向転換が多かったのか、船団を見回してもヒットが少なかった。


検量に港関係者が集まる。クーラーに入ら尻尾切り。
11時までやっても船中アタリがトモで2回しかなく、いずれもバラシだったので、お土産にサバを釣りに行こうかとも相談。サバは今はもう釣れていないとのことで、船団を離脱、キハダに的を絞り探索。またトモで連発するがいずれもハリス切れ。ミヨシ寄り4人はずっと沈黙だったが、右舷ミヨシのTさんにこの日初ヒット。締めたドラグを楽々引き出す様子にマグロと察知。皆仕掛けを揚げて応援に集まる。船底でのラインブレークを避けるように船長も操船。一進一退の攻防、30分。ようやく浮いてきたキハダは目測25Kg。帰港後の検量25.4kg。お隣左舷胴間のMさんの置き竿にも終盤2連続ヒット。いずれも竿を手に取る暇もない瞬殺に悔しがるMさん。きっと再戦に挑むだろう。

結局ノーヒットノーランに終わったが、ラストのホームランに、代行を任された船長も、メジ・カツオを勧めた俺も、妙に安堵した一日。

マイロッド14マイリール2 PE6号、天秤50cm、青物用プラビシL80号、14-26号3-4.5m1本針14-16号