2012年8月28日火曜日

デカツオ

初めてのカツオは丸々太って色合いビューティな5.6Kg!
2012年8月26日(日)
一俊丸 11号船 左舷ミヨシ2、3番
出船6:00、沖上がり15:00、帰港15:40
相模湾 タナ30-40m
晴れ 東の風2-3m 波0.5m

ジャック 0 (T_T)
上さん カツオ 1匹 5.6kg

キメジのうまさに驚き、釣りに行きたいと言い出した上さん。無謀だが本人にはやってみないとわからない。一本の重さ勝負するとも言い出す。無謀だ、というよりやり取り・取り込みは俺がすることになるだろうから、そもそもバトルが成立しない。のでこれは却下。無料貸竿のある茅ヶ崎の一俊丸をチョイス、女性割引も効いて財布にやさしい。手巻きの貸竿を見た上さん、当然のごとく俺の電動を手離さず左舷胴間にセット。沖縄にある台風の影響でウネリが港内に入り、船が揺れる。沖に出るとウネリの周期が長く、釣りには全く問題なし。快晴・凪、暑い。典型的な真夏の釣り日和。

2時間の魚群探索後、第一投でお決まりの手前マツリを演じて苦笑いの上さん。数回追い駆けた後に「き、来たー」と叫ぶ。緩めのドラグが滑るが、のされた竿を重みに耐えてキーパーに置くのが精いっぱい。代わって巻き上げようとしたときにはすっぽ抜け。船長がドラグを絞めた後次のヒットも上さん。すぐに交代してやり取りするが、オマツリでハリス切れ。俺にはアタリがないまま、また長いクルージングに。暑さと長い探索、魚群発見時に船団接近戦の気ぜわしいStop&Goにくたびれた上さんは、デッキに上がってお昼寝。

今がチャンスと2本の竿を操る俺。上さんの竿が根元が海に突き刺さる。デカいキメジか小さなキハダか、反対舷に突進。船底に擦れて道糸を切られないよう苦しい態勢でやり取りするが、反対舷とオマツリ。「緩めてー!」と声をかけて強引に巻き上げるが、バシッ。テンションと同時に緊張感が一瞬にして飛ぶ。天秤に結んだハリスの大型スナップサルカンがすっ飛んでいた。以降ハワイアンフックで接続。しばらくして俺の貸し竿に始めてヒット。カツオらしき引きをキコキコとぎこちない手巻き途中にブツン。「右舷で頭だけ上がったからサメだね」と船長。都合4ヒット4バラシ、…トホホ。残り1時間、あきらめ感が漂う。

「あーぁ、よぉ寝た」と爆睡からお目覚めの上さん、「ええっ?1本も釣れてないの?」とのたまう。しばらく俺の忙しい二本竿扱いを傍観していたが、やおら「やる」と言い出し、おれは貸し竿専任に戻る。「ア、アカン」と苦しげな声に横をみると、海面に突き刺さる竿に苦しげな表情の上さん。どうも、釣運はこ奴のほうが上らしい。すぐに交代、ウィンチで電動ポンピング。残り10mで20m引き出される。キメジか?「最後やからバラさんといてよ」と隣でのたまう上さん。「俺の仕掛けを揚げといて」と追いやる。「こりゃー良い型だ」という船長が差し出すタモに納まったのは、後検量5.6kgのカツオ。丸々太って、青や緑の尾びれや見るからに美しい。この日は8号船が良かった。11号船船長は延長して釣らせてくれたが、船中カツオ0-1、キメジ0-1、混合で0-2と苦戦する中、貴重な1本に二人して安堵。

俺は大型キメジ狙いで20号ハリス・タナ深めで通したが、やはりアタリが極端に減る。唯一のアタリは16号に代えたときだけ。上さんのアタリは全て16号。電動のありがたさも実感。4000番でも発煙したことがあるらしいが、3000番でもテンション一定モードなら5.6kgカツオでも巻き上げ可能だった。それにしてもバラシが多く、仕掛けや技術に改善の余地大…。と振り返り反省の帰りの車中、昼寝の甲斐あってか珍しく眠らぬ上さんがつぶやく。「アテたけど巻けんかったから二人で1匹やな」…おぉ、たまにはまっとうなことも考えられるんだと感心しながら「喰わせたのは立派。釣果はお前だ」と応じる。「もう止めとく、マグロとカツオは。くたびれるし、賭けても絶対儲からん」…やっぱりそこに行きつくわけね。

ジャック
貸しロッド、貸しリール、貸し天秤、貸しビシL80号、20号3m1本針16号、16号3m1本針14号

上さん
マイロッド14マイリール2 PE6号、天秤50cm、青物用プラビシL80号、16号3m1本針14号