2014年3月16日日曜日

大阪墓参り

大阪城天守閣
観光客は中国人だらけ
3年前に亡くなった友人Mの墓参りに大阪へ。Fにかねてから呼ばれていたものの毎年行けずにいたのだが、二度も家まで来てくれたこともあり不義理は続けられない。墓前で6人が昔話やら仏事やらを話しながら弔う。あの世で上さんをよろしくと祈る。難波で宴会。同い年の友人たちと飲むのは久しぶりだ。利害関係がまるでないので皆気遣い無用で話が弾む。それぞれの家庭事情などに愚痴も出る。「奥さんをうっとおしいと思うことがあっても、生きていればこそ。今のうちにやさしくしてやれ」の説には、皆黙って聞き入る。深酒。

ルートイン大阪本町というビジネスホテル泊。ツアーパックのほうが新幹線のぞみ往復料金よりも安いのだから使わぬ手はない。ガラガラだろうと思っていたら、さにあらず。老若男女で大した混雑だ。浴場で二日酔いを覚まし、バイキング朝食。温泉で、朝食メニューも豊富だ。なるほど、これなら地方の観光ホテルよりもはるかにコストパーフォーマンスがよく、人気なわけだ。

大阪生まれだが大阪城に行ったことがない。帰りの新幹線までの1時間ほどで見物に向かう。天守閣だけが残されているのだろうとタカをくくっていると、広いのなんの。天守閣まで向かうと新幹線に乗り遅れると判断。遠くから写真だけ撮って戻る。博物館やら豊国神社やら、いずれ時間をとってじっくり見物するとしよう。二日間快晴無風で良かった。釣行日和に行けなかったのが少々残念ではあるが、大事にすべき友人たちとの再会に満足な旅行になった。