2014年6月29日日曜日

梅雨空と夏空

2014年6月29日(土)釣行 中潮
主役は一番手前のイサキ
だが、40cmの大アジにかすむ
瀬戸丸18号船 左舷ミヨシ3番(左7、右7)
5:30出港 12:20納竿 12:40帰港
剣埼沖水深30m 波0.5m
小雨後晴れ 北西後南南西の風0-4m

イサキ 1匹 20cm
マアジ 11匹 20-40cm
ウマヅラ 1匹 30cm
カワハギ 1匹 23cm

「イサキはいらん」と言われて3年。今期も南房、外房の他、剣埼でも好調な様子。禁止するお上もいなくなり、3年ぶりに狙ってみる。小雨の中ピンポイントの釣り場に10艘ほどが、まさに肩を寄せ合うように船団を形成。一投目からアタリがあるがアジ。次もまたアジ。むむっ、イサキに喰わせるのは難しい。船中でもそれほど連れていない。アジも喰わなくなりまったりな序盤。

八景の船が船団に加わってしばらくした頃だから9時前後か、ポツポツと船中でイサキが釣れ出した。なんとか食わそうとするのだが、なぜかウマヅラやカワハギが釣れる。むむっ、イサキに喰わせるのは難しい。ひときわ大きな引き込みをみせて期待したが、やっぱりアジ。これは大きい。シャクリのピッチやストロークをあれこれ試して、ようやくポチンとイサキ。それらしきアタリが2度3度あったが、巻き上げ中にバラす…。

終盤は船中で沈黙。10時ごろから晴れあがり、すっかり夏の空。暑い。レインウェアの上を脱ぎ、しばらくして下も脱ぐ。Tシャツ・海パンは夏仕様だが、長靴だけ妙に浮いている。昨年キハダを釣らせてくれた中乗りさんとメジ・カツオ談義。カツオはともかく、今期もメジは定置網に入ってきていると。期待が膨らむ。結局イサキは1匹しか釣れなかったが、梅雨空と夏空を一度に楽しみ、気分爽快。

美咲ライトマスター180 + 幻風 PE1号
プラビシL40号 天秤30cm クッション30cm 1.5-1.75号3-3.5mウィリー3本針