2015年7月5日日曜日

店は釣果次第

育丸2艘は初心者グループで出港
2015年7月4日(土)釣行 中潮
育丸→千代丸 右舷トモ1番(右4、左4)
5:30出港 12:30納竿 13:00帰港
久里浜西沖―釼崎沖 水深20-50m
曇り時々小雨 南西の風8-3m

マアジ 27匹 25-33cm
ゴマサバ 7匹 35-45cm 多リリース
ウマヅラ 1匹 35cm
ヒラソウダ、アカイサキ、メバル等 リリース

育丸WEBから。アジ釣りはタナ取り
急な土曜出勤の仕事ができたが、前日キャンセルは忍びない月例仕立て。マルイカの予定だったが、これも前日アジ、サバに変更。タックル変更が忙しい。風雨で波高い予報に変更したもの。だが朝の内はサバを釣るにはもったいない凪で、ポンポンとゴマサバを引き抜く。腹が白いのでマサバかと思いきや、しばらくするとゴマ模様が浮き上がるなんちゃってマサバだ。この時期マサバよりもゴマサバのほうが脂がのって旨いと船長も料理店主も言う。5本も釣れば充分なので釣れ盛るサバをリリースする。それも飽きてくるので、同じポイントでタナを下げてマアジを狙う。タナに必要以上の気を遣わなくて済むのが仕立ての良さだ。上手く大アジを引き抜いたところで、ポイント移動。
育丸WEBから。最終釣果。
右下がジャックの。

途中経過。この写真に
店選択の決め手が。
風が強まり、うねりが高くなってきた。それもあるのだろう、船長は10m仕掛けを6mに変更し、その分タナを下げるよう指示。一応マダイのポイントなのだが、型の良いマアジを釣りながら、運が良ければこの所釣れていないマダイも食いつくだろう、という感じだ。イワシミンチに2mの短仕掛けで本格的にアジを狙うビシアジと異なり、オキアミコマセに6mの長仕掛けでアジを釣るのはより難しい。だがこの日はタナをしっかり取れれば、すぐにアジのアタリがでる。アワセを入れると上あごの固い部分に針掛かりしてバラシが少ない。アワセないと掛かり所が悪くなり、巻上中や取り込み時の口切れバラシが増える。2-3号の仕掛けではソウダやサバに壊されるので5号を試す。この太ハリスにも食いついてくるのでアジの活性は高いのだろう。5m2本針とタナ取りがマッチしたのだろう、長く置き竿にすることなく、バリバリ釣れる。一際鋭い引きについにマダイが喰ったかと慎重に巻き上げたのは巨大なウマヅラだった。

浅くシメたゴマサバ(左)も旨い
ウマヅラアラのすまし汁。
久しぶりに旨い汁で閉めた。
楽しくて釣りすぎた。サバだけでアジが釣れなかったTさんに5本贈呈するが、なお多い。家に食べる人がいないと捌く気にもなれないので、店に丸ごと贈呈することに。「アジフライが食べたい」Rさんにとんかつ店Mに持ち込む旨連絡。釣果写真の片隅にウマヅラがいるのを目敏く見つけ、「なら寿司店Rのほうが」との御沙汰。Eさんも加わって酒盛り。濃厚な肝和えウマヅラ、さっとシメサバ、プリッとアジ。ウマヅラのアラの吸い物も絶品。マスターの腕に舌鼓。Rさんの目利きに脱帽。納得の釣りに酒と肴と寿司と美女。至福の一日。

ダイワ中深場H-205 + シマノ フォースマスター2000 PE3号
サバ ビシ130号 1m1本針船宿仕掛け
アジ プラビシL80号 クッション50cm 5号5m2本針