2015年6月28日日曜日

釣行の目的


左ロープ手前に俺の8匹。
中央と右ロープに大船長のズラズラ。
2015年6月28日(日)釣行 中潮
国敏丸 左舷トモ2番(左4、右5)
6:00出港 13:00納竿 13:40帰港
初島南沖 水深120-160m
晴れ 南西の風2-4m 波0.5m

スルメイカ 13匹 胴長25-30cm

左に富士、右に初島
中央に迷走する漁船
例年5月の連休中に日焼けしてこの時期にはどす黒かったのだが、今年はまだ白い。曇り空や雨にたたられている。金曜飲んで雨の土曜は仕事。かくして日曜釣行になったのだが久しぶりに晴天に恵まれた。

熱海や網代の陸からは
富士は見えない。沖ならでは。
貧果はともかくとして、アタリが少ないのは退屈する。そこでムギから少し大きくなったスルメをズシズシ乗せようと真鶴へ。そう思う時には乗らないものだ。イカの移動が早くて初島周辺では珍しく、一流し一投の展開。中層が多い。リールの水深表示と実際とに20mほども誤差があるのに気づいたのは中盤。それまではイカのいない層を探っていた、いわゆるタナボケしていたことになる。

ところで国敏丸ではこのところキンメ釣りに出ないので尋ねてみた。8か月の禁漁が静岡県(?)で決められたらしい。商売にならない大船長も乗り込み、イカをバリバリ釣る。ハリスは16・15・14号とかなり太く依れ防止で捌きやすいという。瀬戸丸の中乗りさんもそういってたな。直結20本針は30mを一気に探れるので投入毎にどこかしらに乗る算段だ。

結局ツ抜けがやっとだった。船中2-89。多点掛けも二点どまり。人気がある沖干しを多めに作り、生も含めていろんな人にもらってもらう。「焼けたねー」の一言に本日の目的を達成した感…。

シマノ BJSイカ7 スルメイカ直結120+B フォースマスター2000 PE3号
錘120-150号 ヨリトリリング 14cm直結8本針