2015年6月7日日曜日

手が合わない

育丸Webから。
手が合うと楽しいマルイカ
2015年6月6日(土)釣行 中潮
育丸 右舷トモ2番(右4、左3)
5:30出港 12:30納竿 13:00帰港
城ケ島南沖 水深50-60m 波1-0.5m
雨後晴れ 北北東の風8-1m

マルイカ 10匹 胴長17-20cm
ムギイカ 1匹 胴長17cm

出港時には雨も上がり
5月10日以来約1か月ぶりの沖釣りだ。こういう時月例仕立てはありがたい。一人では止めてしまう日和や事情であっても、足を運ばせる暗黙の圧力が良い。狙いはマダイ。孫娘Sの誕生体重にあやかって2.8Kgが目標。自己記録が2.6Kgなので簡単ではない。仕掛けを入念に準備。前日になって幹事から「船長からマダイは不調なので好調なマルイカの準備も」の報。帰宅後慌てタックルと仕掛けを追加するが、イメージはマダイ釣りのまま。脳と手が合わない。犬どもの世話もしつつ、なんとか十分な睡眠確保。

城ケ島越しの伊豆半島に低い雲が
結構降る雨の中を釼崎間口港へ。投入機が配置されており、コマセはなし。船長はマルイカに気合十分。朝の内少し釣ると止まるのでマダイに移動するだろう(その頃にはマダイも食いが落ちているのだが)などと考えながら直結ブラでマルイカを誘う。イカのちょっかいに空振りが多い。掛けてもタイミングがずれて足一本になっているのか、巻上中にバラす。「手が合わない」という状況。そもそも気合不足というか誘うぞ・掛けるぞという集中力に欠ける。5流しもそんな状況で1匹しか釣れてない。その1匹を眺めながら泳がせたらマダイが喰うかななどと、気持ちがマルイカにない。気持ちと手が合わない。

泳がせたい衝動に何度も駆られたが
だが船中ではポツポツ取り込んでいる。こりゃいかんとブランコに交換、最近では珍しくなったのんびりしながら時折しゃくる釣りに。バラシ率が下がってポツポツ取り込む。結局終日マルイカを探索してマダイには行かず。船と手が合わない。

雨も上がって晴れ間も。久しぶりに沖から城ケ島、大島、房総半島、伊豆半島を眺めて落ち着いた気分に。やはり休みは沖に出るに限る。この日気を吐いたのが左舷トモの先輩Mさん。いつものように「イカは釣れん、タイに行こう」と騒いでくれるだろうと期待していたのだが、この日は静かだ。聞けば中盤からアタリがとれるようになり、終盤は怒涛の入れ掛けだったとか。誘い・掛けの「手が合う」状況になったのだろう、27匹の竿頭に脱帽。同乗者と手が合わない。
何度も旋回する自衛隊(?)潜水艦
巡洋艦等4隻も見えたので演習か。

まだマダイに気が残っていたので、帰港後船宿で一緒になった別船グループに「タイはどうだった?」と聞いてみる。「釣れませんでした。アジばっかり。」に、がっかりしたようなほっとしたような妙な気分。今、他船の状況も調べてみたが、釼崎も久里浜も「船中顔見ず」の宿が軒並み。この日はマダイ止めて良かったのだ。

こんな撮影するのはのんびり釣り
11匹のイカを持ち帰っても調理する気になれない。遠回りだが料理店Oに引き取ってもらう。「透きとおってるね~」と喜ぶ大女将に、「元気だったら電車で来るから」と帰宅。次男Kが掃除機をかけている!「雪になるぞ」と声をかけると「クロベエの毛が気になって」との答え。土日の貸しを返すべく、今週は朝当番をこなしたK。深夜帰宅なので夜当番を結局俺がこなしたのだが、少なくとも自分のできることはやろうという変化が見えて微笑ましい。「夕食のあてはあるのか?」と近くの居酒屋に連れて行くことを覚悟して聞いてみる。「会社の人に誘われている。多分始発で帰ってくるから明日朝の散歩も大丈夫だから」との答えに、拍子抜けするやら嬉しいやら。子供と手が合わない。洗濯しながら、タックルの清掃を兼ねた入浴。浴槽でのウトウトが気持ちいい。風呂上りにビールを一口。久しぶりの釣行に疲れがどっと噴き出したのか、体が熱く重く、動くことが億劫に。Oでの晩酌をあきらめ、家飲み即就寝に。体と手が合わない。

シマノ バイオインパクト165 + 幻風 PE1号
40号 直結直ブラ5本針 50号 ブランコ5本針