2015年6月21日日曜日

遠征の釣果は・・・

低い雲が晴れず時折雨
うっすら見えるのは浜松のビル群
2015年6月20日(土)釣行 中潮
福徳丸 右舷ミヨシ1番(右3、左2)
5:00出港、13:00納竿、13:45帰港
天竜川沖 水深180ー300m
曇り時々雨 風3ー5m 波0.5m

アカムツ 2匹 23ー28cm
ドンコ、カサゴ、ゴマサバ等リリース

写真下手その1
ライトアップの
浜松城なんだが…
今週になって気付いた、19日(金)が創立記念日で午後早くに終わるということに。予定していたマダイやマルイカの再釣行を中止して、福田へ前泊プチ遠征に。シーズン入りしたアカムツを5-6匹釣って配ったろうと目論む。結果は上記の惨敗。写真に収めるまでもない。この日の釣果はトモ寄りに偏っていたが、言い訳に過ぎない。仕掛けも誘いも様々に試したのだがアタリが極端に少なかった。不調原因不明。船中で渋かったので日が悪かったと切り替えるに限る。晴れ予報が外れて雨にも打たれる。踏んだり蹴ったりだが、船長が値引きしてくれた。わずかな額だが関東の船宿ではまずありえない。地方の心意気が嬉しい。

写真下手その2。ホテル16階の夜景
フラッシュが窓に反射して…
インター近くの宿でホテルに篭りたくなかったので、浜松城横のコンコルドホテルにしてみた。59年という古さの割に内装が綺麗で、16階から見降ろす夜景も申し分ない。そこから浜松の飲食店街をぶらつく。今回遠征の最大の釣果はそこで出会えた良い焼き鳥屋。オシャレなので入った店名「だいち」。30代の夫婦二人で始めて8年。二人の名前をつなげて店名にしたというから微笑ましい。東北生まれかと尋ねたほど色白な若い女将は、地元生まれで焼酎や日本酒に詳しい。小さな酒蔵だという地酒を二種飲んだが、いずれも極めて旨い。お任せで都合12本の焼き鳥がいずれも新鮮。修業したのかと尋ねた亭主は仕入れに苦労してきたと嬉しそう話す。カウンターで隣り合った女将の同級生。聡明な語り口に意気投合。福田を「ふくだ」ではなく「ふくで」と言うことも初めて知った。翌朝早い釣りでなければ深酒していただろう。

最大の釣果。「亭主と女将も入れ」
には恥ずかしがる。
…いや、怖がらせたのか?
三人とも幼い子供を抱えて苦労しているようだが、生まれ育った土地で暮らす様がうらやましい。首都圏を離れて地方でのんびり暮らすのがやはり良いと改めて思う。だが転々としてきた俺にはもはや地域に溶け込むこと自体が難しいだろう。ともあれ東海プチ遠征に良い酔い拠点を見つけた。まだデビューを果たせていない御前崎や伊勢湾にも使えそう。東海遠征が増えそうな予感。

ダイワ中深場73H205 + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤50cm 錘200号 6号3.5-4.5m2-3本針