2016年4月24日日曜日

エミレーツの国々

ドバイの有名なリゾート
ターバンの形や色にも
意味があるのだろう
アラブ首長国連邦に出張。SubOptic2016という国際会議。行きは夜中出発、朝到着。帰りは朝出発、深夜到着。すんげぇくたびれた。移動10時間以上のフライトのことではない。20を超える顧客や取引先との面談だ。中にははなはだ無礼な人達もいたし、全く想定外の議論になったものもあり、即断即決で方針を決めて今後につなげることにくたびれた。

林立する50階超のビル群
エミレーツは日本では首長と訳される。王家一族のようなものか。そうした国が7つあり、それらを連帯させたのが、アラブの首長国の連邦というわけだ。もっとも歴史があってリーダー格なのがアブダビ。近年急速に発展しているのがドバイだ。それぞれ砂漠に作った都市だが首長国を形成している。今回の舞台はドバイ。海に写真のような一大リゾートを作って世界中から観光客やビジネスを誘致した。一時破綻仕掛けたがアブダビが救済したという。エミレーツ達は上等なシルクのアラブ衣装で街を闊歩している。どの王家もオイルマネーを手にしているからとにかくリッチだ。町には名立たる高級車があふれ、林立する50階のビル郡はいずれも金銀光りしている。世界一高いビルも世界一広いモールもドバイにある。欧米に負けじととにかく豪華に国造りをすすめているが、裕福なアラブ人つまりエミレーツは人口の10%に過ぎない。ビルや道路や鉄道の建設やホテル・レストランの給仕などありとあらゆる労働者は、インドやパキスタンなどのアジア人だ。

主な写真や動画はGoogle Photoの自動生成アルバムに。