2009年6月21日日曜日

ウリンボと良形カサゴ

2009年6月20日(土) 中潮

忠彦丸 LTイサキ 第3忠彦丸
剣崎沖 20m 
晴れ 微風 凪

BJSライトゲーム64 155I+B18
ABU5500 PE3号
三咲ライトマスター II180
ABU 左巻き PE1.5号
探検丸 サニービシ40号
ウィリー1.5号~1.75号 3~4本針

イサキ 18cm 1匹
カサゴ 28cm 1匹
マアジ 30cm 2本

剣崎か久里浜まで行くつもりだったが、めずらしく寝坊した。小柴の三喜丸はこの日仕立てのみ。八景の忠彦丸へ。快晴・凪とあってイサキは2艘、ともに満席。前回潮上ミヨシに懲りたので左舷胴の間に。

渋くて厳しい。お土産用のマアジを釣っている最中に、良型のカサゴをゲット。これはうれしい。が、結局それだけ。イサキはウリンボを1匹掛けただけ。左舷トモ寄りで数匹取り込んでいたが、ミヨシよりは全く釣れていなかった様子。探検丸の反応は出ている。接近戦の一之瀬丸右舷ミヨシの人がうまい。当たり棚に集中的にコマセ撒きポツポツかけている。真似るがダメ。仕掛けも違うのか、さらに細いものが必要かもしれない。ラインのスナップが壊れてテンビンとサニービシが水没・・・。ダメな日はそんなもの。

アジをタタキに、カサゴとイサキを煮付けに。昨年釣った42cmを見ているだけに、今日のイサキを見て「何これ?どこ食べんの?」と上さん・・・。前回の残りも使う。カサゴの壺抜きがうまくできず、結局包丁でエラとワタをねじりきる。このサイズだと喰い応えも十分、上さんの味付けもばっちり。しっとりしっかりした身が、なんともウマい。「キンキの煮付け見たい。これなら持って帰ってきてもいいよ。」と、見た目のグロい根魚系が苦手な上さんも、珍しく絶賛。「イサキはリリースしたら。」と付け足すのも忘れなかったが…。