2010年4月11日日曜日

平日爆釣、週末沈黙

2010年4月10日(土) 若潮

三喜丸 5号船
久里浜沖~剣崎沖 水深60m~50m
晴れ 北東の風5m~2m 波0.5m

マダイ 0
マアジ 8本 32cm~38cm
サバ 多数 リリース

今か今かのマダイのっこみ。久里浜も剣崎ものっこみ色の大型がポコンポコンとあがるが、ムラが大きい。そんな中、三喜丸のマダイ船が水曜に船中27枚、休みを挟んだ金曜には32枚、と突如大爆発。金曜は休暇を取って釣行するかとも考えただけに、…しまった。他船がさほどの爆釣というわけでもないので、よく船団から離れるので別ポイント見つけたかと急行。平日好調・週末貧果かと不安もよぎるが…

…不安適中。混雑のため7号船に加えて5号もヤリイカをキャンセルしてマダイに二艘出し。右舷トモ。5号船は船中1枚(4キロオーバーの大型だったが)。7号船も船中4枚。船も人も多くてマダイも引っ込んでしまうだろう。潮が濁っており水温も昨夜の雨で下がったようだ。

開始は久里浜沖の南側船団の中。8時開始後早々に左舷で4キロ取り込み。皆我も我もと思ったのか、コマセを控えよとの船長の言にもかかわらず、サバが回遊してきて猛攻。たまらず9時北側船団に移動。ここではエサ取りもおらず沈黙。10時に剣崎沖船団へ。2時間ほどポイントを探りながら粘るが船中ヒットなし。こんな時は腹ごしらえとのんびり弁当。船上で温かい日差しを受けるのは久しぶり、実に心地良い。12時半頃南下したポイントで、良型アジを連釣。7m一本針に代えていたのでダブルはないが、海面バラシ一回だけで手返し良く抜き上げる。後から思えば、このときにアジ仕掛けや6m3本仕掛けに代えてもっと楽しめば良かったと思うが、時合いは長くないのでなかなかできない。ラスト1時間は松輪の船が引き揚げた剣崎沖に戻ってマダイを狙うが、ヒットないまま15時沖上り。一日マダイのアタリなし…

アジ連釣の途中で電動丸1000SPが巻上げ不能になってしまった。表示は問題ないのだがモーターが回らない。このリール、毎年一回はこの手の故障が起きる…。来週末は剣崎の探検丸マダイ大会。修理に出しても間に合わない。3000BMを道糸だけ巻き替えて使うか。

フライ用に捌くのは面倒だし、大型なので3枚卸しの柵を半分に切ってアジフライに。真子や白子が詰まっていた。いつもながら臭み苦みない上に、厚みがあってジューシー、絶品。

BJSミヨシ 255+B
電動丸1000SP PE3号
天秤70cm、プラビシL80号、クッションゴム1m
3号7m2本針、2.5号9m2本針、6号+4号テーパー1本針