2010年5月2日日曜日

釣りバトル第3戦

2010年5月2日(日) 中潮

三喜丸 2号船 午前LTアジ
八景赤灯沖 水深30m
晴れ 東風2~3m 波0.5m

マアジ 11本 15cm~23cm →→→
イシモチ 3本 23cm~28cm

「あ~、340gある。」と、帰宅後俺の釣果アジ3匹を計量した上さん。「負けた~。」と自分のがどう組み合わせても300gだったので、認めざるを得ない。にしても、本気で勝つ気でいたとは…。「ふっふっふ。クロベエの散歩計1か月。今日も良い勝負だったけど、おしかったねぇ~。」と応じたころには、布団に潜り込んでいる。…あぁ、やはり俺が捌くのか、このアジ20匹。

想定外の連日釣行。「昨日とは違う船宿が良い」というので三喜丸へ。昨日の失敗を活かし、トモを確保すべくいつもより早く到着。が、左右とも埋まっており、左舷トモ3番4番。「あのままここに住んでいたらいつでも席取れたのに。」と上さん。20年前まだ造成中の小柴港の目の前にある住宅に住んでいた頃を懐かしむ。にしても、この辺りはきれいになったものだ。さすがにGW、親子連れやカップルが多い。

7時出船。昨日と同じあたりのポイント。渋さも同様だが、潮が少しゆるんだ分だけ釣りやすい。ポツリポツリと釣れたが、爆発的な時合いはないまま、10分ほど延長して11時10分沖上り。やはりトモが好調で25匹(船中3-33)。上さんは相変わらず、終始手持ちのまま、前のめりで竿先を睨みつけていた。座って休むこともない。なんとかツ抜けさせたかったが…ならず、これも釣り。やはり釣るより釣らせることのほうがはるかに難しい。船長の苦労を思う。それにしても上さんのこの集中力。後半喰いがばったり止まってから、オキアミやライブバイトで何か喰ってこないかと、置き竿のままのんびりした俺とは大違い。釣りを初めてちょうど3年。ちょうど良い初心回帰になった。

←←← 上さん
マアジ 9本 15cm~21cm
イシモチ 1本 24cm

八景島や海の公園の駐車場待ち大渋滞を尻目に、1時間もかからずスイスイ帰宅。横横道路も保土ヶ谷バイパスも逆方向は大渋滞。これを見た上さん、車中で「釣りは朝早くて帰りも早いからいいね。」「だろー。」と相槌打ちつつも、まさかまたすぐ行くと言い出さないかと気を揉む。家に引きこもりっきり状態を解消したのは良かったのだが…

昨日よりも午後寝から早く目覚めた上さん、「まだアジ捌いてんの。今日は友達が泊まりに来るから、こないだのタイの頭も落としといて、煮付けにするから。」ったく、態度がデカい。「あー、負けた負けた。もうやめとこ。次また気が向いたら行くから。残りの連休、一人で行くんやったら、イカにしぃ、なくなったから。柔らかいやつ。」と、まくしたてる。「スルメじゃなくて、ヤリイカかマルイカね、へぃへぃ。」と応えつつ、内心「やった!解放された!」とホッ。

シマノ BIマルイカ165
アルファタックル 船100PH PE1号
貸し天秤、貸しビシ
クッションゴム30cm
1.5号・1.7号 2.1m 3本針
← 船100PHは、ABU SX1601Cが壊れたので、昨夜急遽購入したもの。特売3,980円をポイントと割引券で3,080円で入手。(思い切ってバイオクラフトを買おうと意気込んだのだが、25,000円もするので、テンヤマダイタックル用にセーブ)100PHは、この安さの割に、軽量でしっかりした印象。大きなハンドルでゴリゴリ巻けるのも良い。

上さん
シマノ ライトゲーム155I+B18
ABU 5500C PE2.5号
貸し天秤・貸しビシ
クッションゴム30cm
1.5号 1.8m・2m 2本針