2010年5月16日日曜日

釣りバトル第4戦

2010年5月16日(日) 中潮

進丸 8号船 午前シロギス
小柴沖 水深20m
晴れ 南東の風2m後7m
波0.5m

シロギス 7匹 15cm~23cm
上さん 同 7匹 17cm~21cm

「今日は掃除も洗濯もした。明日勝負したい、アジかキス。調子悪そうやし。」昨夜マルイカの不出来に静かな俺に上さんが追い打ちをかける。本人としては、またしてもやらかしたことを反省し、外出することで意識を変えたい様子。ゆっくりしたかったが、機を逃してはならぬ。進丸左舷トモ2番3番に並ぶ。上さんはきれいな大型船と丁寧な船長が気に入った様子。女性割引がないので、価格的には荒川屋のほうが良いのだが。快晴微風で心地良い。

渋い。潮が濁ってキスもエサが見えないのではないかと思えるほど。ついついアオイソメを大きめにして目立たせたくなる。チョイ投げでサビクがアタリが遠い。仲乗りさんに錘を浮かせずタルませずにするようレクチャーを受けた上さん、ポツリポツリと釣り上げる。二匹目は良型。仲乗りさんがメジャーで計ってみたが21cm、長さはそれほどでもない。太いので大きく見える。15cmのピンギスしか釣れていない俺のタルの覗き込んで、「今日は勝った」とのたまう。「今日は渋いからヤバいかも」とその気にさせておく。3本の総重量勝負なんだから、まだまだと内心余裕。

すぐに逆転してやろうと思い、遠投するがさっぱり当らず。その間にもポツリポツリと忘れたころにアタル上さんは規定数の3本もクリアし5対1に。「まだ、規定数にもいってないの、あははは。」とすっかり調子づく。コズキ・誘いを様々試したり、天秤から胴突き仕掛けに変えたり、果てはオキアミを使ったりしてみたが、好転しない。マジにヤバい残り1時間、ベーシックの天秤2本針、大型狙いのイソメは5-6cmの新鮮なものだけを使い、遠投サビきで勝負。ようやく奏功し、ポツンポツンと釣れる。喰いがとまった上さんを焦らせるべく、抜き上げの度に「ドーン、ドドーン」とプレッシャーをかける。ピンギスには笑っていた上さんも23cmを見たときには顔をひきつれせる。結局それぞれ7匹ずつ釣って沖上り。15分延長してくれたが、下船時に「いやー、今日は濁って渋かったですね、すみません。」と船長。

帰宅後、計量。共に220gで引き分け。「いや、少し私のほうが重い。」「見る角度が悪い。」と駄々をこねる。「これ以上明白に勝負付けるならデジタル計を準備せな無理。引き分けでええやん。」にも、めげずに「ほら全部乗っけたら、私のほうが重い。」ぬぬ、確かにピンギス分だけ俺のほうが総重量は軽いが、引くわけにはいかぬ、「一番重くて長いのは俺の。」で、結局引き分けに。…ヤバかった。

昆布締めのシロギス、身が大きいので絶品。シロギスとマルイカを天ぷらと併せ、酒が進む。

シマノ BIマルイカ165
アルファタックル NB船100PH PE1号
天秤2本針0.8号

上さん
シマノ BJSライトゲーム64 155I+B18
ダイワ ウィスカートーナメント SS-750LB PE1号
胴突き1本針0.8号