2010年5月23日日曜日

釣りバトル5戦 ビシアジ

2010年5月22日(土) 小潮

関義丸 8号船
走水沖 水深30m~70m 波0.5m
晴れ 北東の風 5m~4m

マアジ 4匹 20~25cm
メバル 3匹 17~20cm

どうあっても勝ちたい上さん、「タイにする」と言い出した。長い竿に長い仕掛けを扱えずにふてくされるのが目に浮かぶ。しかも今日は潮が流れず喰い渋りが予想される。「ビシアジで重さとコマセワークになれたらタイに行こう」と説得し、関義丸へ。アジ3尾の総重量勝負。8号船、5号船とも満員で、仕立て船を借りるのに宿は奔走していた。

70mダチで130号錘をぶら下げコマセを撒きタナをとる。やはり上さんには少々難しそう。潮が流れないのでオマツリは少なかろうの読みはあたった。が、タイならずともアジも喰いが渋い。俺は2尾を釣り上げたが、上さんにはアタリがない。タナを合わせて竿を持たせると釣れたが、それでは不満らしい。船中で渋く、港前30mダチに移動、船長はメバルをお土産に持たせるつもりらしい。早速ダブルで抜きあげると、上さんには小アジが来て嬉しそう。続いてメバルの良型をダブルで釣り上げた上さん、「これはいらん!」とリリースしようとするのを慌てて止める。その後50m~60mダチも探るが喰いが立つことなく沖上り。

上さん
マアジ 4匹 17~20cm
メバル 4匹 17~23cm

もう少し釣らせたかったが、自然相手のこと、どうしようもない。そもそも俺にも釣れない。「あーあ、量るまでもないやん」アジの釣果は同数だが型が違うので、今日は素直だ。帰り道では爆睡しているが、アナログ計量計の見方でまた何を言い出すかわからんので、デジタル表示のキッチンスケールを購入。帰宅後デジタル計に気付いた上さん、ひとしきり量り比べて「アジは292g対363gで私の負け」よしよし文句のつけようがあるまい。と思いきや、「メバルは私の勝ち。今日はメバル勝負だったことにしよう」

BJSスルメイカ直結130+B ショートバットを初使用 全長170cmで操作性が良い
電動丸3000BM PE5号
70cm天秤 130号三咲ビシ
30cmクッション→50cm→外す
1.75~2.5号 2~2.5m 3本針

上さん
BJSヤリイカ乗り調子165+B 45cmバット
電動丸1000SP PE3号
50cm天秤 130号サニービシ
30cmクッション→50cm
1.5~2号 2~2.3m 2~3本針

同じ錘でも210cmの竿のほうがかなり重く感じることがわかった。途中交換。