2011年8月7日日曜日

女将はお揃いでいいわねーと言うものの

外房の朝焼けはきれいだ。
軽く酔い気味で水平を取れず。
2011年8月6日(土)釣行 小潮
源七丸2号船 左舷ミヨシ、胴間、トモ
片貝沖 水深40-50m
晴れ 南西の風3-5m 波0.5-1m

釣人
魚種
ヒラメ
ホウボウ

42-45cm
40cm
上さん
ヒラメ
43cm
次男
ヒラメ
ソイ
シイラ



30cm
80cm

車中も釣行前後もこれなら寝不足知らず。
上に乗るのは、Kが連れてきた犬。
先週末犬当番に一時帰宅したまま夏休みの次男K。寿司は納豆巻、カッパ巻にマグロしか喰えない変わり者だった。「最近はエンガワが美味いと思うようになった」と言う。話し相手が増えて楽しげな上さん、すかさず「回転寿司のエンガワなんかで美味い言うとったらあかん」と応じる。いやーな予感がする。「そや、皆でヒラメ釣りに行こ。Kも自分で釣って喰てみ、全然違うから」と上さん。…やっぱり。ひとつテンヤは先送りすればよいとして、3人分の準備と費用それに捌くのがきつい。しかしまぁ、滅多にないことだから否はなかろうと、外川より近い片貝へ。今年は解禁が1カ月早くて助かった。

釣り人5名の左舷を貸切状態で、ミヨシからK、俺、上さんの順に並び、4時には出船。タックルと釣り座の準備に、Kにはフルサポート、上さんにもハーフサポートを要するので忙しい。睡眠不足もこたえて行程1時間ほどの沖合に着くまでに吐き気を感じ、酔い止めを飲む。一投目、Kにイワシ餌ののつけ方、投入、タナ取り、誘いを実演し、「コツコツとあたりがあっても、大きく引き込むまで待て」と竿を渡す。さて、自分の竿も出すべく胴間に戻ると、念願の大ドモに構えた上さんが必死の形相で巻き上げ中。竿先に引きがみられないので「海藻釣ってんのか?」と冷やかしつつ、念のためタモを手に寄り添う。浮いてきたのは小型ながらヒラメ。「やった!」と本人大喜び。「俺が投入する前に釣るとは幸先ええな、こりゃ5枚は堅いな」と持ち上げておく。すると今後はKが「なんか釣れた」と巻き上げている。タモ入れしたのはソイ。俺も釣ったことがない。右舷ミヨシの常連さんに「煮付けが美味い高級魚だよ」と言われ、本人もまんざらではなさそう。

シイラを手に感情表現の少ないK
以降、ぱたりとアタリがない。常連さんが3枚釣ったが、他はアタリが出せない。中盤、「ついに来たぞー」と巻き上げると、ホウボウでがっくり。上さんは笑わず「(エラを広げた様子が似てるらしい)ジュディオングは要らん。返し」とリリース要請。無視してミヨシに置いたクーラーボックスにキープ。直後にようやく小型のヒラメを釣り上げ、ホッとする。なんとかKにも本命を釣らせたいなと考えていると、「お父さん」と呼ぶ声。振り返ると、Kのラインが大きく振りだされている。青物とみて「巻け巻け!」と指示。近寄ってきた獲物は青・黄・緑色に輝いている。「シイラだ」。ハリスを手繰り、船長にタモ入れしてもらう。ヒラメは釣れぬかも、とシイラで記念撮影してリリース。ソイといい、シイラといい、珍しい魚を釣るやつだ。ヒラメらしきアタリを、二度ほどびっくりアワセで逃したらしい。終盤は潮が速くなりさらに苦戦。

去年は2人で6枚、今年は3人で3枚。
今年は型も小さく湧きも多くはない。
ホウボウの1本は常連さんがくれた。
「この流しで片付けましょう」のラスト。いきなり俺の竿が海面に入った!「わっはっはー。でかいぞー」と、上さんを見やると「いっつもこれや」とふくれっつら。今日は握りなしなのだが、それでも負けたくないらしい。巻上げ中も引きこみが強いので、大型を期待して慎重にやり取り。船長も「ゆっくりやんな」と同意見でタモをスタンバイ。海面に浮いたのは、…40cm強の小型。孫針がエラ後方にスレ掛りしたので、強く暴れていたらしい。がっくりで沖上がりだが、なんとかヒラメは確保できたし、Kもあれこれ釣れた。世話が忙しいが、ファミリーフィッシングも楽しい。

俺 マイロッド4+6ショート、マイリール3 PE2.5号
上さん マイロッド10マイリール1 PE3号
K マイロッド1マイリール2 PE6号
錘60号、ハリス6-8号60-130cm、捨て糸4-5号50-60cm