2011年10月30日日曜日

仕立ては楽し

ひとつテンヤでマダイ10枚他♫
2011年10月29日(土)釣行 中潮
よしえ丸 右舷ミヨシ2番
大原沖 水深15-30m
晴れ 北の風4m 波1.5m

マダイ 10匹 200g-1kg
ショウサイフグ 17匹 15cm-25cm
ヒラメ、ガンゾウビラメ、ワカシ2匹

中止になった剱崎月例仕立てのメンバーからひとつテンヤのお誘い。大原でフグとリレーで楽しむ。7人で仕立てた「よしえ丸」には初めて。宿も持たずに小さな古い船を出す夫婦の愛想とサービスが良い。


水にさらして
鍋に投入前のフグ
ショウサイフグも初めて。タックルはマルイカ用を流用してみた。イカ同様、敏感な竿先が小さなついばみを捉えて良い感じだ。ポツンポツンと釣れる。アタリが少ないが、こんなものかと思っていると、船中苦戦をみた船長が小型ながら群れの濃いポイントに移動。同じ釣りとは思えないほどアタリが頻繁に出る。シャクってもかする感触があるが掛け損じが増える。ミニサイズがごっちゃり群れているようで、15cmに満たないのも揚がってくる。なるほど掛け損じるわけだ。時折強い引きを見せて良型が揚がる。これは楽しい、夢中になる。アタリが小さいのも、「掛けた」感が味わえるのも、マルイカ釣りと似ていて、熱くさせるわけだ。生命感のない重みに「誰かオマツリしてる?」と聞くが、誰もいない。釣り上げたのはタックル。うねりと波で船酔いのSさんが落としたものだ。ミニフグ連発中だったので、隣Mさんの「今日一番の大物だ~」に船中爆笑。船中9-20。

小型マダイが多いものの、ひとつテンヤもアタリが多い。浅いので3、4号を使い、底から1m以内をイメージして落とし込んで誘う。根掛り(で3個テンヤロスト)も掛け損じも多いがポツポツ拾ってマダイ都合10枚は自己記録に。ソゲながらヒラメが混じる。時折強い引きでワカシも混じる。イナダと呼ぶにはやや小さく、コマセマダイならつまらない引きだろうが、テンヤタックルだとやり取りが楽しい。サイズアップを狙って底から3mぐらいまでタナを上げてみるが、そうするとアタリが出ない。やや深めの沖合へ移動して流すが、アタリがでない。「型を狙ってみたんでしょう?」と船長に聞いてみると、「そうなんだが、水色悪くて」。数も型もというはなかなか難しい。それでもポイントを戻したラストの流しで1kgを釣り上げて、納得の納竿。船中6-13。苦戦していた隣のMさんだが、小さなテンヤを勧めると、「幼児虐待だけど、ありがとう」と終盤小型ラッシュでトップに。

フグもタイも共に型が小さかったが、アタリも魚種も豊富で、和気あいあいとした楽しい釣行になった。大満足。フグの型の良い物を選んで持ち帰り、テッサとテッチリにして食べた。美味。

フグ
マイロッド7マイリール4 PE1号
25号カットウ2本掛け針

タイ マイロッド8マイロッド9マイリール5 PE0.8号、マイリール6 PE0.8号
テンヤ3-5号