2011年10月11日火曜日

釣り三昧DAY2

ヒラメにカンパチ等
2011年10月10日(月、休)釣行 大潮
三浦丸 右舷胴の間
利根川河口沖 水深35-40m
大雨後晴れ 南の風10-2m 波2m

ヒラメ 4匹 0.5-1.5kg
カンパチ 3匹 0.4-1.2kg
イナダ 1匹 45cm
マトウダイ 1匹 30cm

「乗った。…けど、ヒラメじゃなさそう。青物かな」と船長に言う。6人乗船の右舷胴間は操舵室のすぐ横だ。窓越しの船長アドバイスに、すでにヒラメは3匹釣れた中盤。断続的にみせる強い引きにドラグが滑る。イナダの引きとも違い、瞬発力が強い。タモ入れした船長「カンパチだ」。うれしい人生初カンパチ。後検量1.2kgの小型でも、なるほどその引きは強い。10kgに迫るようなものだと凄まじいに違いない。

和歌山の猟師が移り住み
港町を造成した外川。
古い駅はずっと新しい
外川から犬坊崎を廻って北上、風強く波高い海をゆっくり1時間弱沖合へ。出船後すぐに大雨にも見舞われたが、実釣開始後まもなく止んだ。1時間ほど船中で魚信なくヤキモキしたが、数回の流し替え後アタリ出す。今日のヒラメはソゲが多いが、1匹は着底直後に引き込まれたキロオーバーの良型。4匹釣れたが、バラシも同数以上あった。喰いが浅く、前あたり後喰いこまずに逃げるケースが多い。巻上げ中のバラシも。トレブルが開いたバラシもあり、ハーブレスは避けたほうが良さそう。大型らしきは孫針外れ。トレブルフックへの結びに、牙が当たったか、すっぽ抜けか、微妙。深海結びではダメなのか、結びが甘かったのか。親針のズレ防止ビーズは、ヒラメへの針掛かりが浅くなるので外したほうがよいと船長。

反省も多かったが、アタリが多く、外道も多彩で楽しめ、大満足な釣り三昧の閉めになった。

マイロッド4マイリール1 PE3号
ハリス5号60cm捨糸3号50cm、ハリス6号1m捨糸4号50cm
錘60号発光球形、水中ランプ青