2012年1月29日日曜日

いかにも遺憾な状況で

2012年1月29日(日)釣行 小潮
喜平治丸 21号船 左舷トモ1番
洲崎沖 水深150-210m 波2-1m
曇り時々晴れ 北の風12-5m

ヤリイカ 12杯 胴長12-25cm
スルメイカ 3杯 胴長23-25cm

「イカがなくなった」と上さん。「そりゃイカん。イカにイカなイカんが、いイカ?」と応じたが、無論反応なし。ダジャレもそうだが、釣りにも「間が悪くてイカんともしがたい」時があるものだ。今日はまさにそんな釣行に。

凪予報で間口港も吹いていないので直結を準備。ところが洲崎沖は強風、2mの波で船がシーソー状態…。一流し目ズシズシとスルメ3-4点掛けの感触。巻上げ中に波をかわす。ところが短竿が上下動に対応しきれず糸フケ、当然バラシ…。こりゃイカんと、ブランコにスイッチした2流し目も、ドスドスとノリは良い。ところが反対舷とオマツリ。上から2番目イカの仕掛けが、船底にこすれてイカもろとも沈没…。イカんことに18cmは直結・ブランコ1組ずつしか準備してこなかったので、14cmブランコに変更。スルメは構わず乗ってくる。そころが、今度はサバ。取りこむときにはイカは全て振り落とされ、サバサバしたもの…。しばらく投げてはサバ、掛けてはサバ、にイカんともしがたい。とっくにツ抜けしているほど掛けてはいるのだが、波とオマツリとサバに、全てロスト。心が折れそうになるが、イカんイカんとタックルごと変更。長竿・14cm直結にしてようやくスルメ3杯確保の序盤。

中盤も間が悪い。直結でヤリイカをポツンポツンと取り込むが、バラシのほうが多い。後ろの右舷トモ氏が11cmブランコで6点掛け。「サバいない?」と聞くと、「いないよ」。11cmブランコへの交換にもたついている間に、船中ヤリイカの入れ掛り状態。ようやく交換完了、投入。ところが、サバの5点掛け…。「上げてください。サバが出てきたので回り直します」の船長アナウンスに天を仰ぐ。次の流しも船中入れ掛り。ところが俺はサバで着底すらできず…。焦って強く巻上げ、波と相まりハリス切れ、錘2個目ロスト…。船長に錘をもらい仕掛けをセットし直したころには、時合い終了…。

終盤は派手なノリはないが、ポツリポツリと拾い釣り。都合15杯でお土産にはなったが、今日のノリなら倍以上に伸ばせたはず。スルメ・ヤリとも見事に時合いを逃してしまった。ちぎったサバは釣果数よりも多い。2隻の高低で、船中5-41、二番手38。さもありなん。帰宅後、「イカ、こんだけ?」の攻めに、「イカにもイカんな状況でイカんともできず」と応じる。無論反応なし。

マイロッド2 マイリール2 PE6号
マイロッド1 マイリール1 PE3号
18-11cm、直結・ブランコ各種、錘120号