2012年1月3日火曜日

末広がり

剱崎間口港から夜明けの
房総半島を望む
2012年1月3日(火、休) 長潮
喜平治丸 8号船 左舷ミヨシ1番
城ケ島沖-洲崎沖 水深180-210m
曇り 北北東の風10-7m 波2m

ヤリイカ 5杯 胴長28-38cm
スルメイカ 3杯 胴長30-35cm

「今度こそ」ズシズシズシと3杯は乗っているはず。巻上げの重みが嬉しい。50mほど巻き上げた150mぐらいか、ガツガツと派手な引きに続き、急にテンションがなくなった。高速巻上げで取り込むと、上から3番目のプラヅノに頭と足だけで胴が噛み切られたヤリイカ…。下の仕掛けは錘ごとない。二連続だ。タイかサメだろう。

数はともかく型に満足
 初釣りはストックが切れたイカ。2日に予定していたが、強風予報に延伸。だが、この日も風波高く、バラシ多発。今期はスルメばかりで、ヤリイカが不調。この日も序盤は城ケ島沖でスルメばかり。洲崎沖への移動を決めた船長がヤリイカの群れを探し当てたのか、中盤一時入れ乗りに。このチャンスタイムに横取りされたのは痛い。仕掛けごとお釈迦でダブルパンチだ。船長から錘をもらい、気を取り直して再開するも、時合いは短い。終盤なんとかポツポツ拾う。バラシ、トラブル多発で釣果は乏しかったが、存外の良型ヤリイカが釣れたし、都合八杯の末広がりは今年を暗示しているのか、始まったばかりだが…。

マイロッド11 マイリール1 PE3号
ヨリトリリング、中錘なし、錘120号
14cm直結7本針、18cm直結9本針、18cmブランコ7本針、11cmブランコ7本針