2012年4月21日土曜日

付け餌活き時間を稼ぐ

育丸Webから。工夫の2枚。
2012年4月21日(土)釣行 大潮

育丸 3号船 右舷トモ1番
出港6:30 沖上がり13:30 帰港14:00
剱崎沖 水深30-50m 下浦沖 水深90m
曇り 北北東の風10-4m 波1m

マダイ 2枚 600g、440g
マアジ 10匹 20-23cm

月例仕立て。沖の瀬は潮が速く、五目を断念。のっこみマダイを狙い、バックアップにアジ。若船長は姿を見せず、大船長の操船。ケガは治ったがショックが尾を引いているらしい。回復を祈る。

アジは小型ながら
脂乗り良くコリコリ
開始早々に600gのマダイ。吹きあがり防止に使ったやや重の2段テーパ-が奏功したか。上針に喰ったので活性高く浮いているかと思いきや、以降船中で沈黙。喰いが渋いとみるや、大船長は、船団を取り巻くように転々とした後、見切ってポイント移動。エサ取りの猛攻。3分のインターバルを2分はおろか1分にしても付け餌が取られる。コマセを詰めずに、タナびた止めで1分間隔の手返し勝負に出る。忙しい。何回打ち返したことか、付け餌が残り少なくなってきた頃、後検量440gを追釣。してやったり。船中0-2、計3枚。小型ながら、コマセダイでは今年初。目論見が的中してうれしい。

アジも苦戦。剱崎沖の水深30m前後の浅場を数か所攻めるが喰わず。下浦沖まで大きく移動した水深90m前後でようやく喰いだす。ミヨシ寄りで30cm弱の良型も揚がるが、小型が多い。タナを上げてみても奏功せず。なんとかツ抜けして沖上がり。帰港後、ラーメンをすすりながら、来月の釣り物を皆で考える。妙案浮かばず。週末になると渋るマダイは回避する事だけ皆合意…。

マダイ マイロッド4 マイリール1 PE3号
天秤70cm、プラビシL80号、クッション1m、6号5m4号4m二段テーパ-2本グレ針
マアジ マイロッド1 マイリール2 PE6号
天秤50cm、アンドンビシ130号、クッション50cm、2.5号2m2本ムツ針