2012年4月29日日曜日

箱入りのお土産

2012年4月29日(日、祝)釣行 小潮
力漁丸 右舷トモ3番
出船4:30、沖上がり11:00 帰港11:30
大原沖 水深20m前後
北北東の風 0-4m 波0.5m

ヒラメ 0

久里浜・剱崎ののっこみマダイが爆釣。行かぬ手はないのだが「タイはもう要らん、ヒラメが欲しい」とのご要望…。ヒラメはもう大原でしかやっていないが、それも今月一杯で禁漁期間に。終盤で釣果も尻すぼみ傾向でボウズリスクが高い…。まぁ、マダイは駐車場確保も難しい大混雑で、例によって休日倒れしそうだし、この際ビッグヒラメ狙いのギャンブルもいいか、と。考えたのが、やはり甘かった…。やっちまった、完全ボウズ。2月のマダイに次いで、ヒラメでも…、今年二度目。

潮が流れず活性が低い上に、濁り潮でイワシが見えないのだろう、アタリが少ない。14人乗り込む船中でもポツンポツン。僚船の無線からも嘆き声。探見丸では50cm-1m程度の小さな根のアップダウンが連続する。俺は全くアタリを引き出せない。海上べた凪、日差し暖かく、置き竿にしているとウトウト。終盤、ステ糸を20cmまで詰めて手持ちでべた底をトレース。ようやくアタリをとらえる。小さいのか、食欲がないのか、なかなか喰い込まない。ガタガタする竿先。噛んでもすぐに離してしまい歯型付きイワシ回収を隣氏も演じたばかり。まだ早いのだが、一か八かのアワセ。ゴツゴツに続いて、プスっと針外れした感触。…万事休すに天を仰ぐ。イワシの体中に歯型無数…。お土産に奮発されたアジ干物の箱入り多数が、貧果と船宿の思いを物語る。

マイロッド10 マイリール1 PE3号
錘80号 発光丸型、6号90-100cmハリス 3号50-20cmステ糸、発光小型LED