2013年2月24日日曜日

とにかく魚を釣ってこないと

このサイズなら様々に調理可能
2013年2月24日(日)釣行 大潮
よしえ丸 右舷トモ1番 (右2、左1)
5:15出港 納竿11:15 帰港11:30
太東沖-大原沖 水深15-25m
晴れ 北西の風3-9m 波0.5-1m

ヒラメ 2匹 43-45cm
ショウサイフグ 8匹 20-25cm

日和は良さそうだったのだが、金曜の残業で土曜は朝起きれず。風が吹くが日曜に。ダメ元で「ヤ、ヤリイカが一杯釣れてる…」と呟いてみる。案の定「イカはダメ。ヒラメのリベンジしぃ。ソゲ1枚じゃ皆に回らんかったやん」と上さん。とにかく魚を釣ってこないことにはイカに行けない。ヒラメの連続ボウズが怖い。そうなったとしても、フグでごまかせるだろうと、よしえ丸のリレー船。

フグから開始。ポツリポツリ。手が合わないと言うのか、掛け損じが多い。ヒトデが良くかかる。ハマグリを抱えたままのデカいヒトデにびっくり。重厚で強い引きをいなして水面に顔を出したエイにがっくり。船中8-11匹。ヒラメに切り替えた8時半。一流し目、二流し目で左右ミヨシが釣り上げるが、俺には魚信なし。先週に続きいやーな予感がする。風も強まってきた。流しが速くなるが、波も高くなり、仕掛けを安定しずらい。慎重にタナをキープしていると待望のアタリ。久しぶりの引きを堪能してボウズ脱出。その次の流しでもサイズアップを追釣。船中1-2計5枚。

最後の流しでバラしたのが痛い。波に対応して柔らかい竿に替えたのだが、アワセが甘かったのだろう、巻上げ中に逃げられた。フグもせめてツ抜けしたかったのだが…。両方とも今一。釣運も潮時のようにサインカーブがあるとすれば、これでも上向きに転じたところか。ともあれ、これでなんとか、イカを解禁してもらえる…、だろう…、たぶん。

フグ マイロッド7 + マイリール7 PE1号
カットウ30号夜光

ヒラメ マイロッド14 + マイリール8 PE5号 → マイロッド4 + マイリール1 PE3号
幹8号100m 枝6号100cm 捨3号50cm 錘80→100号 風が強まったので調整。正解。