2013年6月16日日曜日

熱さまざま

長い一週間が終わった。身体的な疲れなのか、精神的なものか、金曜の午後に38.5℃の発熱。影響で腰も痛む。土曜は釣り日和だがやむなく医者へ。のどの炎症は高熱を招くほどひどくはないが、他に原因も見当たらず…、と抗生剤やら頓服やらを処方してもらう。土曜午後には37℃前後の微熱に。これならなんとか行けるかと期待するが、日曜は雨予報。釣り人も少なく、風波もないので楽しめそうなのだが、濡れて熱をぶり返すのもバカな話だと断念。久しぶりの無釣行週末に。いつものように早く目が覚めたので、サッカーのブラジル-日本戦をTV観戦。予想道理の敗戦なのだが、盛り上がるシーンが少なくてつまらない。船に乗っていたほうがよっぽど楽しかったろう。

気になる釣り物が二つ。剱崎沖のマルイカと相模湾のキハダ。前者の模様見に行きたかったのだが、この週末は今一つだった様子。後者は先週から突如飛び跳ねる姿が見られたという。昨年のカツオ・キメジ狙いは8月からだったからかなり早い。今のところルアー船だけの出船のようだが20kgのキハダが釣れている。イワシ船も今週から始まる。オキアミの餌釣り開始も早まりそうだ。それ用のリールを準備しておかねばと釣具店を廻るが、これだと思うものに巡り合えず。始まると品薄になるので、今のうちに確保したいと気は焦るのだが、ピンとこないものを買って後で後悔したくはない。結局、土・日に渡って相当数の釣具店めぐりで過ごしたが、成果なしでくたびれた。釣り熱は冷めない。…発熱がまた上がりだした。早寝に限る。