2014年2月23日日曜日

夕マズメの大アジ

手前が46cmの大アジ
奥のマサバと張り合う大きさ
2014年2月22日(土)釣行 小潮
関義丸8号船 右舷ミヨシ2番(右9、左9)
13:00出港 17:00納竿 17:15帰港
走水沖 水深60-35m
晴れ 東北東の風5-3m 波0.5m

マアジ 9匹 25-46cm
マサバ 2匹 40-50cm
ゴマサバ 1匹 35cm
イシモチ 2匹 26cm

先週、先週末の雪かきで汗をかいたのがまずかったのか、鼻水・咳が止まらない。市販薬では治めきれない。ヤリイカを釣りに行こうと朝早く起きたが寝不足だ。寝直してから医者に駆け込み、薬を処方してもらう。鼻水も咳もピタリと止まった。久しぶりの好天に午後船に乗りたくなる。急ぎタックルをビシアジ用に積み替えて走水港へ。1か月以上振りの釣行で、潮風が新鮮だ。

午後なら空いているかと思いきや続々と釣り人が集まり満船。潮が弛んでいる。大きなお祭り騒ぎにならずにすんだが、魚の喰いも悪い。納竿30分前までに釣れたアジは1匹のみで、イシモチとサバのほうが多い。あきらめかけた時に夕マズメが始まった。マアジが入れ食い状態に。総じて型が良い。中にはサバと勘違いしたほどの大アジも。後検量すると46cmもあった。船中2-15。劇シブの午後になるところだったが、夕マズメの大型アジ連発に救われた。

刺身、ナメロウ、アジフライ、開き、つみれ鍋…。捌き方を聞く相手がいないのは寂しいものだ。23日は上さんの四十九日法要。揃えた位牌と仏壇に開眼法要も兼ねて坊主を手配した。偲びながら好物だったアジを食すことにしよう。

中深場H200 + フォースマスター2000 PE3号
天秤50cm、クッション30cm、カナビシ130号 2-1.5号2m2-3本針