2014年4月13日日曜日

時はさまざま

ウィリーでどっちゃり
2014年4月12日(土)釣行 中潮
忠彦丸 第7倖運丸 右舷トモ1番(右8、左10)
7:20出港 14:40納竿 15:50帰港
久里浜沖~剣埼沖~館山沖 水深90-120m
晴れ 北東の風8-0m 波1-0.5m

マダイ 1匹 2.7Kg
マアジ 31匹 25-35cm
メバル 2匹 18cm
シキシマハナダイ 6匹 リリース
ドンコ 2匹 リリース
オオアナゴ 1匹 リリース
他小魚 リリース

時は冷徹。人の喜怒哀楽に一切惑わされず、早くも遅くもならず正確に進むだけで、決して逆戻りしない。10日、月命日。早3か月が経過してすっかり春めいた。嫌いだった菊に替えて桜を供え読経、冥福を祈る。

アジを除くと迫力のマダイ
春はウィリー。アミコマセで魚を誘う。多様な魚が釣れるので楽しく飽きない。久里浜沖で開始。潮が速い。95mの水深に対して120m糸を出して着底。ドンコまたドンコに苦笑い。どうやら糸フケがとりきれず、底を引きづっているようだ。断続的な強い引き。慎重に巻き上げたがアナゴ。これが体長1m以上、直径15cm以上はあろうかというオオアナゴ。思わぬ「アナコンダ」の出現に、タモ網に入らず船べりでハリスを切る。船長もたまらず剣埼沖へ移動。穏やかな春の日差しに、時は長い。

釣りはアジ。船中でシキシマ、サバ、アカイサキなど多様に釣れる。旨いのだが、持ち帰ると苦言された魚たちで、未だに困った気分になる。これらをいかに避けてアジに喰わせるか、をテーマに。泳層がアジは低く、他は高いと想定。底から4m以内を狙い、コマセも柔らかく撒く。的中。「外道」を避けてアジだけを連釣。良型。魚信がなくなったころ、いきなり強い引き。やや硬めのドラグを滑らせる引きにメダイを想定。2.5号ハリスでは無理は禁物。巻いては出されて。海面を割ったのは、後検量2.7Kgの綺麗なマダイ。遠くに位置するマダイ船団を尻目に、してやったり。興奮の攻防に、時は止まる。

忠彦丸Webから。
船長もなぜここにマダイ?
海は船。館山沖に移動後もアジに的を絞って入れ食い状態。捌くに苦労するとわかっていても、手を止められない。朝方吹いていた風も収まり、温かい日差しに船はたたずむ。アジ追釣に、時は短い。全ての魚種計で船中12-43。竿頭とマダイに満足な釣行。べた凪の海上を疾走する大型船。帰港帰宅後に、時は忙しい。

ダイワ中深場73-205H + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤50cm、プラビシFL60号、クッション50cm、2.5-3.5m2-3本針