2014年4月27日日曜日

凪の太平洋

数も型ももう少し欲しかったが、
今ではこれで充分
2014年4月27日(日)釣行 中潮
正一丸 3号船 左舷トモ3番(右6、左7)
4:00出港 10:30納竿 12:00帰港
片貝沖 水深250-350m 波0.5m
晴れ 南の風3-6m

アカムツ 3匹 25-35cm
オキギス等 リリース

快晴・凪予報に外洋に出かけることにした。九十九里浜の沖合、陸地の見えない太平洋上で、アカムツを狙う。250m以上の深さの前半ポツポツ釣れる。後半は350mの水深だが、FM3000の道糸がいつぞやの高切れで300mしかない。予備のFM9000に交換して事なきを得たが、道糸の太さでアタリを取りにくい。底潮が早くなり400m以上流されることも。おまけにサメやギス等に悩まされ、結局前半の3匹で沖上がり。船中1-11匹、40cmを超す大型も結構釣れていた。竿頭は、3-4本針で底に這わせるようにして追い食いさせるベテランだった。ホタルイカとともに薄くピラピラのサバ皮を使用していて、それも奏功していたようだ。浜茄子丸の船長がサバは薄く使えと言っていたのを思い出す。型も数も今一だったが、帰路はデッキで暖かな日差しを浴びながらうたた寝。裾分け禁止するほどの大好物だった炙りアカムツの握りを仏壇に供える。

中深場73-205H + FM3000 PE5号 → FM9000 PE8号
錘250号 2.5m前後2本針幹8号枝ス6号