2014年9月15日月曜日

次点のヒラメ

贈呈したもう一枚と併せ計3匹。
食すには今や手前の一枚で充分。
2014年9月14日(日)釣行 中潮
三浦丸 右舷ミヨシ2番(右6、左6)
4:30出港 11:45納竿 12:30帰港
外川沖 水深20-25m 波1m
曇りのち晴れ 北北東の風5-6m

ヒラメ 3匹 40-52cm

遠州灘まで出向いてアカムツを釣ろうと初めての宿に電話したが、「14日は出船しない」とかで先送り。ならばと波崎に電話すると「満船でもう乗れない」。アカムツはどうにも間が悪かったようなので、外川にヒラメ釣り。ふと昨年この時期に波崎・外川連釣旅行にお上と出かけたが台風でいずれも出船禁止になったことを思い出す(素泊まり)。今年も連釣は止めろということだろう。三連休の中日なので、前夜19時就寝、当日1時出発で日帰りしても翌日体を休める。夜中に仏壇に釣れるよう祈願して出発。

外洋にしてはうねりも小さく良い凪だ。6時までに2枚ヒラメを釣り上げるが、いずれも40cmのソゲと呼ばれる小型。船中でもポツポツ取り込まれている。震災後1年間は自粛ムードで外川でも釣り人が少なかったことを思い出す。この日は12人が乗り込み盛況だ。大型の追加を期してタナを調整する。9時になって50cmオーバーの良型を取り込み一安心。さらにアタリはあるが、そのまま終了。もう一枚型物が欲しかったが、喰いこまず、巻上中のすっぽ抜け、お祭りバラシと3回以上のバラシで成らず。船中1-6のトップとの差はこれらバラシだろう。

とはいえヒラメ3枚の釣果は、今となっては多いぐらいだ。帰りに同僚Sさんに一枚贈呈、帰宅後お隣さんに一枚贈呈。残した型物を翌15日に捌くべくチルドへ。犬の散歩、洗濯、風呂と清掃、仏壇報告を済ませ、久しぶりのヒラメとの対峙・駆け引きを思い出しながら、あり物をつまみにビールを飲む。心地よい肉体疲労に酔いが早い、20時には熟睡。

シマノBJSミヨシ40-255+B フォースマスター2000 PE3号
錘60号 胴突1本針 捨て糸4号40-80cmハリス6号60-100cm