2014年9月22日月曜日

遠州灘デビュー

特大40cm♪ 恐るべし遠州灘、
この日6匹は少ない方
2014年9月22日(月、休)釣行 大潮
福徳丸 右舷ミヨシ1番(左2、右2)
5:00出港 11:45納竿 12:20帰港
天竜川河口沖 水深200-250m
晴れ 北の風2-5m 波0.5m

アカムツ 6匹 25-40cm

最後の夏休み。4連休にした初日はワラサで散々だった。連休にしたかったのは遠州灘福田港まで遠征するため。以前から気になっていたアカムツ。180kmの波崎は遠いが、福田も220kmと遠い。ただ東名高速一本で着くので時間は同じか早いぐらいだ。

開始早々に40cmの大型にびっくり。その後も追釣3匹まで取り込んだ。その後がなかなか釣れない。アタリが出せない。波崎や久里浜の胴付に対して、ここでは沼津と同様、天秤仕掛けを使う。ただし、ご当地仕掛けは針上15cmのところにシモリ玉をつけることで浮力を持たせているのが特徴だ。釣り情報の仕掛け説明をみてそれらしきを作っていったが、3匹を最後にどうにも魚信が出なくなった。

船中皆アタリが出ないならしょうがないが、すぐ後ろ左舷ミヨシのベテラン氏は大きなシモリ玉でほぼ入れ食い状態。トモでもポツポツ釣れている。ハリスに浮力を持たせてフワフワ漂わせる。着底からスローな巻き上げだけでアタリを出している。終盤になって見かねた船長が「これ使ってみな」と船宿仕掛けをくれた。以降3連釣だから不思議なものである。結局6尾で沖上がり。船中6-18、トップは件のベテラン氏。

釣果的にはスソだが、アカムツを6匹も釣れば充分だ。なにより大型なのがうれしい。仕掛けを作り直してまた来よう。最高の夏休み最終日になった。この喜びをわかちあうお上がいないのは寂しいがあの世で喜んでいよう。おっと、6匹は多すぎる。引取先を探さねば…。

ダイワ極鋭深場205 + シマノフォースマスター2000 PE3号
錘200号。天秤40cm 6号3m2本針