2015年2月22日日曜日

釣行リズム・生活リズム

出番を逸した自作キンメ仕掛け。
作るのも釣りの楽しみの一つ
相模湾のキンメが好調だ。お気に入りのRさんと22日(日)に釣行を計画。雨風の予報に気を揉みつつも、21日(土)は朝からタックルや仕掛けの準備に忙しい。万端整えたところで昼の予報を再確認。雨はともかく南の強風に春一番宣言が出るかもという予報に釣行断念。互いに楽しみにしていたので残念。釣れているうちに再計画したいが、キンメの釣期はあまり残されていないはず…。2月に入って、いや今年に入ってというべきか、どうも釣行リズムに乗れない。暖かくなるにつれて上向きにしたいものだ。午後は洗濯やアイロン掛け、コートのボタン付けなど手馴れてきた家事をすませ、無釣行残念会。

愛犬クロベェが弱ってきた。14歳。シェパードと柴犬のミックス。中大型犬なので朝晩の散歩が欠かせない。上さんを亡くして最も難儀したのがこの散歩当番だが、生活リズムが絶妙にずれている次男K夫婦と三人で当番してなんとかこなす。散歩中足が震えソファに上がるにも助走を要す。時折ずっこける。あと3年生きるかもしれないし、年内に逝くかもしれない。クロベエが亡くなるとこの家に住む理由がなくなる。家の維持に、Kたちの経済的分担があればまだしも、逆にいまだに喰わせるような状態では、負担が増すばかりだ。海辺の小さなアパートにでも移り住んでローン負担を減らし、セカンドライフを準備する必要がある。K一家を自活させるためにも「クロベエが死んだらすぐに家を売って一人暮らしする。今のうちに自分たちで暮らす場所を検討しておけ」と言い聞かせてきたが、実感がわかないのか行動が伴わない。家の売却見積と購入検討に着手。売買ともに、複数の不動産屋や物件のリストを更新しておけば、イザのときすぐに実行できる。それでも3~6か月かかるだろう。物件資料が次々と郵送されてきた。Kたちの刺激にもなった様子。無釣行になった今日、風が予報ほど強まらず、もったいない思い。でも雨で寒いので、屋内で見積や物件リストの整備・比較検討するにちょうど良い。