2015年12月27日日曜日

さらばワゴンR

ありがとう!
5.7リッターのトランザムを乗り回していたアメリカから、1998年に帰国してトヨタハイラックスサーフを買った。長男Tが中学入学、次男Kが少額編入のころだ。キャンプやBBQに便利なSUVにした。西へ東へ、山へ海へと毎年複数回楽しんだ。

2006年スズキワゴンR FT-Sに乗り換えた。ディーゼル規制が始まることと、教育資金の足しにするためだった。高校生にもなると親と遊びに出掛けようとしない。SUVはお払い箱の時期でもあった。小さなワゴンRになって上さんには運転しやすいと好評だった。雨の日最寄駅までの送迎によく運転してくれた。飲酒運転罰則が厳しくなり、退職など社会的懲罰も厳しくなったこともあって、夕食に行くにも車を使えなくなっていった。俺が運転していくが、飲み食いした帰りは断酒に成功した上さんが運転してくれるので重宝した。彼女が亡くなって、次男K一家との外食は自転車にせざるを得ず、回数も漸減した。

登録番号はジャック!
それにしても、よく走った。兵庫まで親父の遺骨を引き取るついでに、関西の懐かしい場所を巡ったのは記憶に新しい。2007年に始めた釣りもほとんどこの軽自動車で行った。港によっては駐車スペースも狭いので役立った。多くは往復100Km程度だが、時には片道300Kmの遠征も。ピーク時には月4回以上も。人数が多くて重い時の加速時にエアコンを切るなど、非力さをカバーするテクニックも必要だったが、それも懐かしい。期間にして9年、総走行距離85,000Km超。擦り傷だらけの満身創痍で、修理もしなかったが、本当によく走ってくれた。感謝。

26日(土)に納車。メルセデスA180スポーツ。犬も幼児も赤ん坊もいなくなり、一人で乗り回すにはうってつけだろう。この小さなドイツ車とはどんな付き合いになるのだろう。