2009年9月27日日曜日

ちょこっとシロギス

2009年9月27日(日) 小潮

進丸 第8号船
猿島沖 水深25-35m
晴れ 風多少 波1m

BJSライトゲーム64 155I+B18
ダイワスピニング PE1号
錘15号 進丸胴突き2本針 

シロギス 23本 15-23cm
トラギス多数リリース

鮮烈なヒラメ釣りの感覚がいまだに残っていて、マダイにもワラサにもスルメイカにも行く気にならず、昨日は一日のんびりした。今朝は早く目が覚めた。前回置き忘れたカッパ上下を回収がてら、進丸に半日サクッとシロギス釣り。6時前到着。連休後だからか、釣り人少なく一番乗り。右舷トモを確保。

「混まなければ泳がせてもいいですか?」に船長快諾。右舷は5人しかおらず、左舷も同じくらいだろう。7時半出船。思ったより風があり肌寒い。保管していてくれたカッパを早速着込み、堤防裏住友ドック前で開始。アタリはあったが乗らず、二流しで猿島沖へ移動。ポツポツ釣れる。型も悪くない。

4匹目にようやくピンギスが釣れ、泳がせ開始。波がなく風があるときには、中通しがぴったり。ABU5500に巻いたPE3号に60号の発光丸錘のヒラメ仕掛けで、何か喰わないかと目論む。半日アタリすらなし。海底の古い仕掛けをひっかけて、エサのピンギス一匹に逃がしたのみ。猿島沖ではダメか、やっぱり。

その間シロギスのほうは、喰い渋りでポツポツ。船下だけではアタリが遠いので、後方に投げてサビくと乗ってくる。大中小混じり。船中あまり釣れていないようで、船長は15分延長、11時15分沖上がり。下船時、「渋かったけど23獲れたよ。」に、船長も少しホッとした様子。船中5-25。泳がせながらも、のんびりと飽きることなく楽しめ、気分転換できた。