2010年9月27日月曜日

釣りバトル第22戦 洲崎デビュー

2010年9月26日(日)釣行
早川丸
洲崎沖~白浜沖 水深180m 中潮
曇り 東北東の風3~5m
波0.5m うねりあり

スルメイカ 10杯 胴長20~30cm
上さん 同11杯 胴長25~35cm

「1497g対908gで勝ち!」帰宅後の3杯計量の結果。数・重ともに負け。スルメイカでまさかの完敗。ジャンボスルメを手に得意満面の上さん。

今シーズンは長井港のスルメが不調で、早々にヤリイカが始まったがこれもまだ厳しそう。洲崎港にある早川丸に初釣行。休憩所で知り合ったのは横須賀からの四人。いつもは長井港へ行っているというから考えることは同じらしい。小さな港のほのぼの感が良い。釣り人7名で余裕の左舷3名のトモと胴の間。往路・復路ともに2時間弱と、思ったより近い。

行程10分ほどの洲崎沖。直結でスルメイカの顔をみる。乗り渋く、三流し程度で白浜沖へ。上潮が早い。ただでさえ落下スピードが速くないBM、太いラインがフケてぼんやりしていると底も取れない。ようやく掛けたイカもうねりのためか、巻上げ中にバラす。中盤、相変わらず手前マツリさせる上さんの仕掛け解き3組で船酔い気味。終盤、ブランコに代えてポツポツ追釣、なんとかツ抜け。

軽い1000SPを使わせた上さん、細いラインで落下スピードも速いので真っ先に着底する。シャクリも様になり、教えたわけではないのに静止してアタリを見ている。やおらホルダーに掛けたかと思いきやウィンチ巻き。竿が大きくしなる。多点掛けしているだろうと眺めていると、ミヨシ氏とオマツリ。船長が急ぎミヨシに駆け寄り解く。俺は胴の間に駆け、海面に見え隠れするスルメをマツったまま引き上げる。ゾロゾロ4杯。ミヨシ氏のラインに絡んでいたので、全て上さんの掛けたものだ。5本針で4点掛け!まいりました。

シマノ BJSスルメイカ直結120+B、シマノ 電動丸3000BM PE6号
ヨリトリリング、 中錘10号(直結時のみ)、18cm直結9本針、18cmブランコ7本針、錘120号

上さん シマノ BJSヤリイカ165+B、シマノ 電動丸1000SP PE3号
5号中錘付きクッションゴム、18cmブランコ5本針、錘120号