2010年9月12日日曜日

釣りバトル第19戦 執念の連チャン釣行

近くのハーバーからのヨット群
2010年9月12日(日)釣行
進丸 8号船 午後シロギス
磯子沖 水深8~20m 中潮
晴れ 東北東の風 4~5m 波0.5m

シロギス 8匹 15cm~23cm
アジ、イシモチ混じり
上さん
シロギス 9匹 17cm~20cm

上さんの釣果
型が揃って178g
昨日釣行のブログをUpした頃、起き出した上さんが朝からうるさい。初ボウズが相当悔しいらしい。引きを味わいたいから、シロギスの半日で良いから、運転するからとひつこい。このままではのんびり将棋も見れぬと、急遽午後のシロギスへ。連日釣れずに文句重ねられてはたまらんので、船宿も釣り座も選択を本人にさせる。進丸の右舷ミヨシ1、2番。とはいえ、日曜午後となると釣り人も少なく総勢5名だけ。右舷は3人で、実際かなりトモよりの操舵室真横。

ポツリポツリと釣り上げ、23cmの太い良型も。磯子の工業地帯のすぐ際だからか、なんだか油臭い気がする。と思っていると頭痛がしてきた、やはり少々バテ気味か。前半さっぱりアタらずの上さん、相変わらず黙々と竿先だけを注視している。見かねたか、船長が操舵室からレッスン。イソメは5cmほどに、胴突きなら時々張らせるぐらいの弛ませに、アタリがなけりゃ大きく聞きあげて誘う。俺の言うことは聞かないのだが、船長の言には着実に従う。その甲斐あってか、ポツリポツリと釣り上げる。へばって座り釣りのためか後半ばったりアタリの止まった俺を尻目に、尻あがりに追釣し20cmの良型もいくつか取り込みニンマリ。

俺の釣果
本日最大23cmの他は小さすぎ…
帰宅後数え直してびっくり、数で負けてる。デカイのがあるからとタカをくくっていたが、俺のは一匹の他はどれもコンマイ。ヤバい、上さんの釣果は平均して20cmが揃っている。3匹の重量勝負、検量の結果は156g対178g。あかん、完敗だ(3敗目)。勝利を確信していたからか、無理に釣れ出した礼のつもりか、(発泡酒でなく)ビールを差し出した上さん。にこやかに「賞金頂戴」 財布から取り出し「よし、これ賞金。おっと、借金返済の一部してもらおう」と取り戻す。むっつり顔の上さん「来週の連休はヒラメとワラサで連勝して返したる!」…頭痛がひどくなってきた、早よ寝よ。

シマノ BIマルイカ165、 ダイワ ウィスカートーナメント SS-750LB PE1号
錘15号 胴突2本針0.8~1号
上さん
三咲 三咲ライトマスター II-180

アルファタックル NB船100PH PE1号
錘15号 胴突1本針1号