2010年11月21日日曜日

正月用には早かろう…

なんとか1枚確保
2010年11月20日(土)釣行
庄幸丸3号船
富浦沖 水深70-90m 大潮 波1m
曇りまれに小雨 北北東の風7-10m

マダイ 1枚 36cm 732g
マアジ 6本 30-33cm
ゴマザバ 多数

先週の大会では全くの空振りだったマダイ。近い久里浜や剣崎は好調だが、土日は船も人も混む。前日16時に勝山に電話すると「まだ5人しかいない」ので予約。行ってみると14人になっており、大型の3号船に変更。マダイ担当の大船長は嬉しそうだが、イカ担当の船長は少し寂しそう。左舷トモ2番。

開始早々に船中あちこちでヒット。この機に釣っておかないと後はどうなるか…、と思っているところで、1枚取り込みホッとする。キロ未満だが、色艶も綺麗でどう食べてもおいしいサイズ。案の定、朝の時合いが過ぎると喰いが渋る。ポイントを転々とするが、ポツンポツン。すぐにサバが回ってきて仕掛けを下すにも苦労する状況になる。底まで下ろしさえすれば何がしかのアタリはあるので楽しい。良型マアジのダブルも。イナダは船底に激突してバラす。大型のマダイらしきに4号ハリスを一発で切られたのが悔しい。予報より風強くやや寒かったが、一日楽しく過ごせた。釣りはこうでなくちゃ。

帰港後、船長にアオリはどうだったかと水を向けると渋い顔。余計な一言だったらしい。帰宅後、ノロウィルスにやられてダウンの上さんが起き出してマダイの型を確認、「まぁまぁやな、正月用に取って置こ、もう釣れへんかもしれんから」余計な一言だ。が、反論する自信もない…。

シマノ BJSミヨシ 40-255+B、 シマノ 電動丸1000SP PE3号
天秤70cm、プラビシL80号、クッション1m、ハリス2.5-5号 6-8m 1-2本針