2011年1月8日土曜日

大吉

帰港中に撮影。
城ケ島の向こうに富士。
天気も釣果もめでたく。
2010年1月8日(土)釣行
喜平治丸 8号船
沖の瀬 水深170-210m 中潮
晴れ 北東の風 5-0m 波0.5m

ヤリイカ 37杯 胴長25-40cm
スルメイカ 3杯 胴長30-35cm
ゴマサバ邪魔多し マルアジ混じる

3日近くの神社に初詣。毎年お札と破魔矢を購入していたが、「その割にはロクなことがない」と文句の上さん。ないのではなくロクなことをしないんだろ、は口にせず、「じゃあ、たまにはおみくじでも引いてみて、悪けりゃお札・破魔矢を買おか」と水を向ける。「や、やった、大吉や」と上さん、珍しいこともあるもんだ。「あんたも買ってみぃ」と促す目がニヤケている、人の不幸を期待しているらしい。「おっ、これも大吉や」ダブルに俺も驚いたが、「正月で大吉ばっかりなんやろ」と平静を装う。「そんなことないよ。ほら、あの人は小吉や言うてるやん。あ、こっちの人は凶やて」と声がデカイ。犬に曳かれて他人のふり。ともあれ、お札と破魔矢は買わずに済んだ。船代が浮いて、まさしく吉。
ヤリイカてんこ盛り。
もう少し待って赤みが戻ってから
撮影したかったが、ばあば行きの
宅急便に煽られて。

渋かったヤリイカが正月開けから爆釣している。洲崎沖や沖の瀬が本格化した模様。ここぞとばかりに、三連休中最も穏やかそうな8日、喜平治丸へ急行。考えることは皆同じようで、2艘出しの混雑。8名が並ぶ8号船の左舷胴間(ミヨシ4番)、大型船でも無理に詰め込まないのが嬉しい。7時出船、沖の瀬に一直線。快晴、凪。北に富士、西に伊豆半島、南に伊豆大島、東に三浦・房総半島。すがすがしい。

乗りは良い。が、サバに邪魔され、着底できない、振り落とされる。で10時を回って、ヤリ4スルメ2の都合6杯。前回14杯を軽く上回って目標20としたが、…ツ抜けもやばいか。と思っていると、サバが消えた後半、爆発。ほとんど空揚げなし。型も良い。ダブル・トリプル連発。終盤、イカの移動が速くなり、一流し一投になるが着底すれば乗る。最高5点掛け!やっぱりイカ釣りは面白い。終わってみれば計40杯。船中8-67。いつもの目安、トップの半数もクリア。ヤリイカ自己記録更新。まさに大吉。

マイロッド1、シマノ 電動丸1000SP PE3号
11cmオーロラピッカピカ主体7-6本ブランコ(澄潮だったがツノの濃淡に無関係) 錘120号